• ユーキャン新語・流行語大賞とテレビトレンドワードの関係
    2015年は「トリプルスリー」と「爆買い」、2016年は「神ってる」が選ばれたユーキャンの流行語大賞。今年は30の言葉がノミネートされました。公式サイトはこちら。http://singo.jiyu.co.jp/
    この中で主な単語の関東地区のテレビ番組での今年1月から10月までの露出回数を調べてみました。意外と多いのが「睡眠負債」で1759回、その他「共謀罪」1051回、「うつヌケ」1013回、「炎上」924回、「AIスピーカー」758回、「藤井フィーバー」413回、「忖度」444回と続きます。果たして流行語へのテレビの影響はどれほどのものなのでしょうか?
    テレビ番組の健康志向を反映して、「睡眠負債」が伸びたとも言えるのでしょうか?ニュース報道で取り上げられた回数も影響していそうです。本当の意味で「流行語」というワードではないようにも思えますが、世相を反映しているのは間違いないでしょう。テレビなどメディアで頻出し、人々の間で盛り上がり頻繁に飛び交うようになる言葉が流行語というイメージですが、そういう意味では「忖度」「炎上」あたりが王道のように感じます。最終結果が楽しみですね。
    2017年11月24日
  • 7月の番組出演回数ランキング
    梅雨明けの時季であり、かつ、異常な豪雨や雹による災害が相次いだことを受け、気象予報士の出演回数が伸びました。特にめざましテレビアクアとめざまし土曜日のお天気担当、篠原梨菜が目立ちます。昨年のミス東大で、現役東大生でもある彼女に期待大です。俳優の中で、今回注目するのは、NHK「ひよっこ」とNTVの夏ドラマに出演中の竹内涼真。仮面ライダー俳優を務めた後着々と実績を積んで来ました。これから主役級俳優に成長するのでしょうか。一方、22年前ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリに輝いた清純派女優・佐藤仁美がイメージチェンジ、バラエティー番組やドラマで再ブレイクしています。「ひよっこ」でもヒロイン有村架純に敵対する、ちょっと意地悪な先輩を好演、バイプレイヤーとして再び売れっ子に。
    2017年8月3日
  • 6月の番組出演回数ランキング
    ヒロイン有村架純をはじめNHK連続テレビ小説「ひよっこ」出演者が上位を占める中、NHKで共演中の船越英一郎と美保純が、松居一代騒動の影響もあってか揃って上位にランクイン。「ひよっこ」関係では、演者でないもののナレーションを担当する元マラソン選手の増田明美や、歌手、ドラマーながら女優としても注目のシシド・カフカの健闘が目立ちます。
    2017年7月24日
  • 5月のまとめ
    トランプ大統領、 アメリカ軍と北朝鮮の攻防、ムン・ジェイン(文在寅)大統領就任など、日本近隣の不穏な空気は変わらず、ICBMやサイバー攻撃など物騒なワードが日常化しました。一方で大相撲五月場所における横綱・稀勢の里や大関・高安の話題、眞子さまのご婚約は明るいニュースでした。
    2017年6月24日
  • 4月のまとめ
    常に物騒な隣人である北朝鮮が、その危険度を増しています。キム・ジョンナム(金正男)暗殺事件をきっかけに、国際的に危険な国家という認識が高まり、原子力空母カール・ビンソンが朝鮮半島に向かい、トランプ大統領が繰り返すパフォーマンスも相まって、東アジアは一触即発の事態とも言えます。日本は東アジアの一員として賢明な対応を期待されます。
    2017年5月10日
  • 3月のまとめ
    前半はキム・ジョンナム(金正男)暗殺事件報道が多かったものの、以降は森友学園を巡る疑惑騒動に報道時間の多数を独占された印象です。もちろん、重大なニュースではありますが、ここまで繰り返し報道される価値があったか疑問です。東日本大震災から6年ということで、あらためて振り返る報道も目立ちました。WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)「侍ジャパン」や桜の開花についての報道など明るいものもあります。また、北朝鮮のICBM(大陸間弾道ミサイル)実験も注目のニュースでしたが、4月に入りまたしても弾道ミサイル発射を行ったことからさらに緊張を伴った注目を集めること必至です。
    2017年4月6日
  • 3月の番組出演回数ランキング
    今回はまず、NHK朝ドラマ出演情報を除いたデータを集計してみました。
    フジ「直撃LIVE グッディ!」の各曜日出演者、カンニング竹山、東貴博、高橋茂雄、土田晃之、川島明の5人が着実に回数を伸ばしています。堀尾正明、国分太一や朝ドラ出演者陣も同様ですが、帯番組出演者は強力です。バナナマン・設楽統も帯番組のMCで回数が伸びています。番組改編期でスペシャル番組が増えたせいか、お笑い芸人の名が目立ちます。また、外国人名の中には米ドラマ「CSI:科学捜査班」( テレビ東京)出演者陣が見られます。
    2017年4月1日
  • 2月の番組出演回数ランキング
    NHK朝ドラマ出演者の活躍は相変わらず。その中から、今後の活躍が期待される二人をピックアップしました。
    芳根京子演じるヒロインの娘役で、1月から「べっぴんさん」に出演中の井頭愛海(いがしら まなみ)、15歳に注目です。まだ過去の番組の出演は少ないものの、ファッション雑誌「ピチレモン」の専属モデルとして活躍し、現在も雑誌の仕事をしています。今後の成長が気になる今月の注目株です。
    同じく「べっぴんさん」出演者の中島広稀も注目です。ダイハツのCMで、あんちゃん役の玉山鉄二に絶妙のツッコミを入れる弟を演じた俳優さんです。「WAKEだよっ!」のセリフを覚えている人も多いはず。実は前作「とと姉ちゃん」にも出演していたそうです。
    3位の国分太一はさすがの貫禄、安定したスコアですね。
    2017年3月6日
  • 2月のまとめ
    トランプ大統領の暴走(?)に関するニュースから、マレーシアの国際空港で起きたキム・ジョンナム(金正男)暗殺事件のニュースへと注目が推移しています。キム・ジョンナム暗殺を巡っては、実行犯の二人の女、北朝鮮政府の関与、各国政府の対応、さらには影武者説など、毎日テレビを賑わせています。音楽活動をしていた冨田真由さんがナイフで刺された事件の裁判員裁判を巡るニュースもかなりの時間放送されました。トランプ、キム・ジョンナムの影に隠れて東芝事件の報道時間が短くなってしまいました。3月にかけて、大阪の学校法人・森友学園の話題が上位に上がって来そうです。
    2017年3月2日
  • 1月の番組出演回数ランキング
    NHK朝ドラマ「べっぴんさん」の出演メンバーは放送回数が多いので当然のごとく上位に上がって来ます。出演回数が増えると認知度も上がり、さらに別番組での登場も増えるという構図ですね。朝ドラの若手の出演者の中から今後大きく育つ人材が出て来るのはもちろん、菅野美穂のような大物女優がさらに注目されるきっかけにもなります。朝ドラと無関係で3位に上がったキャスターの堀尾正明氏は月~金のレギュラー番組等で出演回数を伸ばしています。島崎和歌子やカンニング竹山はレギュラー番組だけでなく準レギュラー的な出演でも回数が上がりました。バナナマンの設楽統のように、コンビでの登場に加え個人での出演が多いタレントもいます。解散したばかりのSMAPでは、ドラマ主演中の草彅剛の名が上がって来ました。
    2017年2月16日
  • 1月のまとめ
    就任したばかりのトランプ大統領が、さっそく立て続けに物議をかもして僅差で小池都知事を抑えました。これに関連して中国に関連する話題も多く取り上げられており、今後も米中問題はニュースの核となりそうです。しかし、豊洲市場移転問題、東京オリンピックを控えた小池都知事はまだまだ活躍しそうです。また、19年ぶりに日本人横綱が誕生したとして、稀勢の里も大いにニュースを盛り上げました。
    2017年2月1日
  • 12月の番組出演回数ランキング
    「べっぴんさん」出演中の田中要次が、「あるよ」のセリフが印象的な渋いマスター役で出演していたフジテレビのドラマ「HERO」再放送、劇場版「HERO」の地上波初放送の影響で、他の「べっぴんさん」出演者を制して2位に急上昇しました。「べっぴんさん」の出演者を除くタレントでは、国分太一がトップです。
    2017年1月31日
  • 12月のまとめ
    12月はグローバルな話題が上位を占める傾向にありました。アメリカ大統領選や韓国・朴大統領不祥事問題のように海外を舞台にした話題、プーチン大統領訪日や沖縄でのオスプレイ事故のように日本を舞台にした海外関連の話題、安倍総理の真珠湾訪問のように海外における日本人の話題、そして東京オリンピックという大きな国際的祭典、外国人観光客を意識したカジノ法案など、海外関連ワードが軒並みです。これは、インターネットの普及で海外が身近になったこと、まだ解決すべき問題が多いとは言え日本国内が安定してしていることが、原因の一つと考えれらます。限られた数のテレビ局が、番組の放送時間の枠内で取り上げる話題の量には限りがあるので、海外の話題のワードの露出が増えれば、その他のワードの露出が減ることになります。
    2017年1月1日
  • 11月のまとめ
    よくも悪くも日米関係を中心に国際的なワードが目立ちます。東京都の問題は引き続き露出してますが、国政は相対的に注目度が低いようです。アメリカ大統領選関係の「トランプ」「クリントン」「オバマ」、韓国大統領選の不祥事絡みの「パク大統領」「チェ・スンシル」、ロシアの「プーチン」、フィリピンの「ドゥテルテ」など、毎日のように報道されました。スポーツでは東京オリンピック関連、横綱・鶴竜の他、飛行機の墜落で多くが犠牲となったブラジルのサッカーチーム、シャペコエンセの名も悲しいニュースとして取り上げられました。日々さまざまなニュースが取り上げられる中、今年の顔と言ってよい「小池都知事」の名も、トップ20にとどまっています。
    2016年12月5日
  • 11月の番組出演回数ランキング 
    NHK朝ドラの出演者を抑えて、フリーアナウンサー・堀尾正明や声優の佐久間レイが、それそれ司会やナレーションのレギュラー番組で出演回数を伸ばしています。2016タレント番組出演本数ランキングで三連覇を果たしたTOKIOの国分太一も、当然のごとく健闘しています。なぜかお笑いの阿佐ヶ谷姉妹が21位につけています。
    2016年12月1日
  • 10月のまとめ
    10月不動のトップかと思われた小池都知事の独走に、最終週でストップをかけたのは、ダークホース、隣国の大統領パク・クネ氏でした。女性対決とはいえ、都政に新風を吹かせる小池氏と異なり、パク大統領の不祥事は国家全体を揺るがす大事件となっており、当分紛糾が続くと思われます。10月最終週13位、パク大統領の親友であり「影の支配者」と言われるチェ・スンシルの名も上昇すると思われます。日本時間で11月9日に行われるアメリカ大統領選挙関連で、トランプVSクリントンの上昇も見込まれます。国内では、小池都知事が特出している他、長く話題にのぼるワードは少ないものの、日本ハムの日本シリーズ優勝は大きな盛り上がりとなりました。
    2016年11月7日
  • 10月の番組出演回数ランキング
    NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」がスタート、出演者が軒並みランクインしました。とりわけヒロインの芳根京子は大躍進で、既に数社とCM契約しています。また、バラエティー番組中心の名倉潤は、同番組に出演したことで第1位となりました。
    2016年11月1日
  • 9月のまとめ
    春は舛添前知事、夏以降は小池都知事と、東京都知事ばかりのが露出が目立ちます。小池都知事の高露出の原因は都民だけでなく全国民の関心事となり、豊洲新市場から東京オリンピック会場の問題へと舞台を広げたことです。
    豊洲問題、オリンピック会場問題が解決するまで小池都知事の高露出が続くと思われます。
    石原元都知事への豊洲問題の追及が加われば、テレビトレンドワードは歴代都知事の競演となるかも知れません。
    そのため国政や国際情勢にに関する露出量は減少してきており、わずかにトランプ大統領候補と日本企業が数多く進出しているタイのプミポン国王死去の話題が顔を出しています。
    2016年10月17日
  • 9月の番組出演回数ランキング
    NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」でヒロインを演じた高畑充希が、9月の番組出演回数トップを飾りました。2016年9月現在8社のCMに出演し、毎日テレビで見ない日はないと言っても過言ではない若手女優です。
    2016年10月17日
  • ユーキャン新語・流行語大賞とテレビトレンドワードの関係
    2015年は「トリプルスリー」と「爆買い」、2016年は「神ってる」が選ばれたユーキャンの流行語大賞。今年は30の言葉がノミネートされました。公式サイトはこちら。http://singo.jiyu.co.jp/
    この中で主な単語の関東地区のテレビ番組での今年1月から10月までの露出回数を調べてみました。意外と多いのが「睡眠負債」で1759回、その他「共謀罪」1051回、「うつヌケ」1013回、「炎上」924回、「AIスピーカー」758回、「藤井フィーバー」413回、「忖度」444回と続きます。果たして流行語へのテレビの影響はどれほどのものなのでしょうか?
    テレビ番組の健康志向を反映して、「睡眠負債」が伸びたとも言えるのでしょうか?ニュース報道で取り上げられた回数も影響していそうです。本当の意味で「流行語」というワードではないようにも思えますが、世相を反映しているのは間違いないでしょう。テレビなどメディアで頻出し、人々の間で盛り上がり頻繁に飛び交うようになる言葉が流行語というイメージですが、そういう意味では「忖度」「炎上」あたりが王道のように感じます。最終結果が楽しみですね。
    2017年11月24日
  • 7月の番組出演回数ランキング
    梅雨明けの時季であり、かつ、異常な豪雨や雹による災害が相次いだことを受け、気象予報士の出演回数が伸びました。特にめざましテレビアクアとめざまし土曜日のお天気担当、篠原梨菜が目立ちます。昨年のミス東大で、現役東大生でもある彼女に期待大です。俳優の中で、今回注目するのは、NHK「ひよっこ」とNTVの夏ドラマに出演中の竹内涼真。仮面ライダー俳優を務めた後着々と実績を積んで来ました。これから主役級俳優に成長するのでしょうか。一方、22年前ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリに輝いた清純派女優・佐藤仁美がイメージチェンジ、バラエティー番組やドラマで再ブレイクしています。「ひよっこ」でもヒロイン有村架純に敵対する、ちょっと意地悪な先輩を好演、バイプレイヤーとして再び売れっ子に。
    2017年8月3日
  • 6月の番組出演回数ランキング
    ヒロイン有村架純をはじめNHK連続テレビ小説「ひよっこ」出演者が上位を占める中、NHKで共演中の船越英一郎と美保純が、松居一代騒動の影響もあってか揃って上位にランクイン。「ひよっこ」関係では、演者でないもののナレーションを担当する元マラソン選手の増田明美や、歌手、ドラマーながら女優としても注目のシシド・カフカの健闘が目立ちます。
    2017年7月24日
  • 5月のまとめ
    トランプ大統領、 アメリカ軍と北朝鮮の攻防、ムン・ジェイン(文在寅)大統領就任など、日本近隣の不穏な空気は変わらず、ICBMやサイバー攻撃など物騒なワードが日常化しました。一方で大相撲五月場所における横綱・稀勢の里や大関・高安の話題、眞子さまのご婚約は明るいニュースでした。
    2017年6月24日
  • 4月のまとめ
    常に物騒な隣人である北朝鮮が、その危険度を増しています。キム・ジョンナム(金正男)暗殺事件をきっかけに、国際的に危険な国家という認識が高まり、原子力空母カール・ビンソンが朝鮮半島に向かい、トランプ大統領が繰り返すパフォーマンスも相まって、東アジアは一触即発の事態とも言えます。日本は東アジアの一員として賢明な対応を期待されます。
    2017年5月10日