朝だ!生です旅サラダ 山内圭哉が“ディープ沖縄”探訪⁉▽魅力あふれる中国の旅【字】

中国の壮大な歴史と懐かしい風景に出会う旅…上海&福建省!上海蟹の絶品ラーメン!世界遺産の伝統家屋に感動▽沖縄ローカル旅…地元の商店街や泡盛の酒造所で魅力を再発見

◇内容Ⅰ

【ゲストの旅】俳優の山内圭哉さんが沖縄へ!那覇市にある昭和の面影が色濃く残る栄町市場商店街を散策し、小さなコーヒー豆専門店を見つけます。コザでは、コザの歴史を描いた巨大なウォールアートに感動し、刺繍専門店に大興奮!さらに、名護市の老舗酒造所で泡盛作りを見学します。

◇内容Ⅱ

【江田友莉亜の忘れられない世界】海外の旅を案内している「旅サラダガールズ」が、これまでに訪れた世界の忘れられない風景や文化、人との出会いを振り返ります。今回は中国。高層ビルが建ち並ぶ未来都市のような上海で、極上グルメを満喫!福建省で“土楼”と呼ばれる歴史的建造物に感動!

◇内容Ⅲ

【生中継のコーナー】ラッシャー板前が山口県山口市へ!この時期、お歳暮やおせち料理などで重宝する食材…クルマエビの養殖所から生中継!なんと山口市・秋穂地区は「クルマエビ養殖発祥の地」なんだとか⁉“本場”のクルマエビ料理も登場!もちろんプレゼントも…⁉

◇内容Ⅳ

【東留伽が行く!日本縦断コレうまの旅】「3代目プレゼントソムリエ」新人アナウンサー・東留伽が和歌山県有田市で美味しいもの探し!▽名産タチウオを老舗食堂で…⁉▽美味しくないわけがない…目玉焼きハンバーグ⁉▽有田と言えば…旬のみかん⁉プレゼントもあります!

◇出演者

【ゲスト】山内圭哉【レギュラー】神田正輝、向井亜紀、勝俣州和、三船美佳、ラッシャー板前、江田友莉亜(旅サラダガールズ)、東留伽(ABCテレビアナウンサー)

◇音楽

【公式テーマソング】『君を探しに』F-BLOOD(藤井フミヤ&藤井尚之)

◇おしらせ

☆番組公式Facebook、Instagramやってますっ!【番組HP】http://www.asahi.co.jp/tsalad/【Facebook】https://www.facebook.com/tabisalad/【Instagram】https://www.instagram.com/tabisalad/

  • 2020年10月のトレンドワード
    誕生したばかりの菅総理大臣を中心とする新内閣は、各省競うように新しい政策を打ち出しています。日本の総裁選が終わったら、次はアメリカの大統領選挙が大きな話題となっています。日本人にとって、自国の総裁選よりアメリカの大統領選の方が関心が強いかと思えるような取り上げ方です。一方、国内のニュースでは「日本学術会議」がしばらくの間大きな話題となりましたが、野党議員と一部リベラル派の間で騒がれたものの、国民の興味は早くも薄れて来た感があります。
    2020年11月1日
  • 2020年9月のトレンドワード
    新型コロナウイルス関連と並び、安倍総理を継ぐ自由民主党総裁選で、菅官房長官と石破元幹事長を中心とする選挙戦が繰り広げられ、菅政権が誕生しました。また、冬が近づき、ワクチン開発への期待と不安がじわじわと話題に上っています。また、「ドコモ口座」を含むキャッシュレス決済サービスの不正利用が相次ぎ、金融機関側のセキュリティー強化を含めた対策が急がれます。
    2020年10月1日
  • 2020年8月のトレンドワード
    新型コロナウイルス関連ワードに埋め尽くされた8月でした。下旬になって、安倍総理が持病悪化を理由に突然辞任の意向を明らかにしたことで、次期総裁選に関する話題も上昇しました。
    2020年9月1日
  • 2020年7月のトレンドワード
    7月は、「新型コロナウイルス」と「球磨川」の「氾濫」による災害報道との2本立てでした。例年になく梅雨が長引いたこともあり、天候による被害は多岐に及びました。「コロナ」も「土砂災害」も人間の力で抗えない災厄である一方、東京都のコロナウイルス「感染拡大」について、「東京アラート」などと実効性のない対策程度しか行えなかったことは、他にできることがあったのではないかと残念な思いもあります。良くも悪くも「小池都知事」はニュースに登場し、政府肝いりのGoToトラベルキャンペーンが東京除外となるなど、東京都民には肩身の狭い7月となりました。
    2020年8月1日
  • 2020年6月のトレンドワード
    テレビのニュースは、引き続き「新型コロナウイルス」関連ワードに占拠されていますが、アメリカの白人警察官による黒人男性の死亡事件に端を欲する「ジョージ・フロイド抗議運動 」関連も多く取り上げられました。ただ、やはり「緊急事態宣言」解除後の「第2波」と「歌舞伎町」を中心とした「接待」を伴う「飲食店」でのクラスター関連が特に目立った印象です。「北朝鮮」がランクインしたのは、しばらく公の場に登場しなかった金正恩がメディアの前に戻って来たことによるものでしょう。
    2020年7月1日