FIVBワールドカップバレーボール2019 男子 日本×オーストラリア【字】【多】【デ】

(試合終了まで放送)日本男子の壁となってきたアジアのライバルオーストラリア。高さの壁を粘りと戦術で乗り越えろ!

ご案内

【フジテレビワールドカップバレー2019番組ホームページ】https://www.fujitv.co.jp/wcv2019/

番組内容

オリンピックの前年に開催される『ワールドカップバレー』は、男子は1965年、女子は1973年に第1回大会が開催。前回大会の『ワールドカップバレー2015』では、女子の上位3チームが翌年のリオ五輪でも同順位でメダルを、男子は優勝のアメリカと2位のイタリアが五輪でメダルを獲得。まさに、ワールドカップバレーは、その10カ月後に行われる2020東京五輪をうらなう重要な大会となる。世界五大陸から男女各12

番組内容2

チームが集結し1回総当たり戦で順位が決定。フジテレビ系列では、日本の熱き戦いを全22試合生中継する。いよいよ14大会連続14回目の出場となる男子・龍神NIPPON(世界ランキング11位)の戦いが始まった。4年前のワールドカップで活躍した石川祐希と柳田将洋が、海外でのプレー経験によりさらに進化。柳田はキャプテンに、石川はエースとなり今大会に挑む。新鋭・19歳、西田有志の活躍にも期待。

番組内容3

注目の第6戦の相手は、世界ランキング16位・オーストラリア。2000年のシドニー五輪を機に本格的な強化を図ってきたオーストラリアを相手に、確実に強くなった中垣内祐一監督率いる中垣内ジャパンが勝利を目指す!(FIVB世界ランキングは2018年10月1日現在/選手情報は2019年9月4日現在)

出演者

【解説】山本隆弘 【コートサイドリポート】大林素子、川合俊一 【中継MC】川合俊一、大林素子 【実況】竹下陽平(フジテレビアナウンサー) 【キャスター】宮司愛海(フジテレビアナウンサー) 【大会スペシャルサポーター】ジャニーズWEST(中間淳太、重岡大毅、小瀧望)

スタッフ

【チーフプロデューサー】吉田昇 【アシスタントプロデューサー】中野久美子 【チーフディレクター】山田圭祐 【ディレクター】奥村直輝、四居由佳

  • 2019年9月のトレンドワード
    千葉県を中心に大きな被害を出した「台風15号」により「停電」「断水」などの「ライフライン」や住宅等の損壊が著しく「ブルーシート」だらけで「復旧作業」がはかどらないニュース映像に心痛むばかりでしたが、10月はさらに大きな台風19号が日本に接近しています。被災地の皆様の無事を祈るとともに、最近の台風の大型化と気象変動について考えざるを得ません。国際ニュースでは、韓国で不正を追及されている「チョ・グク法相」も健闘(?)しましたが、今後文政権はどうなるのでしょうか。サウジアラビアの石油施設が攻撃された事件でしょう「サウジアラビア」も上位に上がりました。
    2019年9月30日
  • 2019年8月のトレンドワード
    引き続き韓国との軋轢がニュースを賑わせています。韓国が「GSOMIA」破棄を決定したことで「日韓関係」は悪化の一途、韓国では連日日本への「抗議活動」が盛り上がり、もはや韓国が何を主張しているのかわからない状態です。一方、トランプ大統領との会談もどこ吹く風の「北朝鮮」は「短距離弾道ミサイル」を打ち上げ続け、アメリカと「中国」の貿易摩擦も貿易戦争と称されるほどこじれています。国内では、常磐自動車道で起きた「あおり運転」の話題が上位に上がり、国民の交通安全への関心の高さがうかがわれます。
    2019年8月31日
  • 2019年7月のトレンドワード
    連続トップで独走していたトランプ大統領が「梅雨前線」に1位を譲りました。日本国内のニュースでは気象ネタは強力です。「参議院選挙」も回数を伸ばしましたが、話題となる期間が短かったので、政党や立候補者名などの関連ワードが上位となるほどではありませんでした。その他上位では、「WTO」など韓国への「輸出規制」関連ワードが多いです。芸能関連では「宮迫博之」「吉本興業」が連日話題となりましたが、一私企業の内部問題に過ぎない感が否めないので、正直もう少し報道回数を抑えるべきだった気がします。
    2019年7月31日
  • 2019年6月のトレンドワード
    6月といえば「梅雨」、令和最初の梅雨は少々ひねくれもので、沖縄、九州南部、東日本から東北南部まで梅雨入りした後、九州南部以外の西日本はなかなか梅雨入りせず、結局平年より20日前後も遅い梅雨入りとなりました。さらに、停滞する梅雨前線が活発化し、九州南部は豪雨に見舞われました。日照時間は極端に短く、7月半ばになっても梅雨明けの気配がありません。一方、6月28日から6月29日に大阪で開催された「G20」も話題に。また、「トランプ大統領」が「イラン」に対する大規模な追加制裁を科すと宣言したことも大きな注目を集めました。
    2019年6月30日
  • 2019年5月のトレンドワード
    令和になって最初の「国賓」として「トランプ大統領」が5月25~28日、日本に滞在したことが大きく報じられました。今回、安全保障では認識が一致したものの、北朝鮮問題や貿易問題では両国に温度差があった様子ですが、日本側の接待は日米関係に一定の効果をもたらしたようです。ゴルフや高級炉端焼きディナー、令和天皇との晩餐会と「雅子妃殿下」の存在感、「大相撲夏場所」千秋楽の観戦など、終始報道されました。一方、「北方領土」についての問題発言で一躍渦中の人となった衆議院の「丸山議員」も、トレンドワード入りです。5月は全国交通安全運動期間も実施されたのに、保育園児達が巻き込まれた大津の「衝突」事故を始め、「なぜ?」と耳を疑うような痛ましい交通事故が目立つ月でもありました。スポーツでは、「エンゼルス」大谷翔平選手の活躍が目立ちました。
    2019年5月31日