クイズ!脳ベルSHOW

今日は週間チャンピオンが決定する金曜日!「ひらめき・記憶・瞬発力・発想力」の4ジャンルのクイズに挑戦!脳トレ復習&習慣化でより健やかな毎日と認知症予防へ!

ご案内

BSフジで毎週月曜〜金曜の夜10時から新作を、朝8時55分からは過去作品を週5日の帯で絶賛放送中!衰えていく脳に警鐘を鳴らす、脳活性化バラエティ「クイズ!脳ベルSHOW」。朝も夜も「脳ベルSHOW」を見て、楽しく脳トレの習慣化でより健やかな毎日と認知症予防へ!

番組内容

今日は週間チャンピオンが決定します!月曜〜木曜を勝ち抜いたゲスト4人と脳トレにチャレンジ!今日は2017年6月30日にBSフジで放送された脳ベルSHOWをお届けします。「ひらめき力・記憶力・発想力・瞬発力」4ジャンルのクイズにパネラーが挑戦!最初のステージはひらめきジャンルの「脳みそフル回転クイズ」漢字に隠された有名人の名前を当てるクイズやあるなしクイズなど

番組内容2

一瞬のひらめきが試されるクイズを出題!ここで発想力が試されるクイズ「何でそうなった!?」みんな大好き「お茶漬け」お茶漬けの素にあられが入っている理由わかりますか??続いては記憶力がカギを握る「クイズ!言われてみれば」あの大人気番組のBGMや大ヒット歌謡曲の歌詞からクイズを出題!頭のどこかにしまいこんでしまった記憶を掘り起こしてあげましょう!

番組内容3

続いては金曜限定クイズ「懐かしハウマッチ」大人気車種「ソアラ」のあの頃のお値段いくらだったか覚えていますか?最後はお待ちかねのコーナー「すごろく大逆転」早押しクイズに答えてすごろくに挑戦!マスに書かれた得点がゲットできる!でもマイナスもあれば横取りも!まさに山あり谷あり運が試されるクイズ!週間チャンピオンに輝くのは一体誰なのか!?※BSフジ初回放送:2017年6月30日

出演者

【MC】岡田圭右(ますだおかだ) 【パネラー】神奈月(52) 沢田知可子(54) ダンプ松本(57) 渡辺徹(57) 【アシスタント】川野良子(フジテレビアナウンサー) 【監修】篠原菊紀(脳科学者・諏訪東京理科大学教授)

スタッフ

【企画・編成】谷口大二 【構成】林田晋一 鈴木悟志 【クイズ監修】道蔦岳史 【チーフディレクター】神田真一 兼丸洋介 井上陽史 遠藤貴士 【プロデューサー】小沢英治 【演出】丸林徳昭 【制作協力】ディ・コンプレックス エスエスシステム ロジック ニュージェネレーション 【制作著作】BSフジ

  • 2018年6月のトレンドワード
    2018年は歴史的に梅雨入りが早く、6月はまさに梅雨と大雨の報道の月となりました。また、トランプ大統領、金正恩労働党委員長の「米朝首脳会談」にも注目が集まりました。
    さらに、サッカーワールドカップ開催にあたり、日本代表が決勝戦進出を果たすなど日本中が盛り上がりました。試合は深夜でしたが、朝から晩までテレビはサッカーの話題で持ちきりでした。
    紀州のドンファンなどかなり大きな事件もあったのですが、結果だけ見ると6月は、梅雨、米朝首脳会談、ワールドカップの3つの話題にテレビニュースが独占された印象です。
    2018年7月1日
  • 2018年5月のトレンドワード
    お騒がせのトランプ大統領が、シンガポールで開催予定だった米朝首脳会談の中止を発表(6月1日になって、結局当初の予定通り開催すると表明)しました。日本にとっては北朝鮮の非核化がかかっている重大な局面です。日本のニュースは国内の殺人事件やゴシップ系に偏りがちではありますが、ここはさすがに「米朝首脳会談」絡みのワードが頻出しました。その他の二本柱は野球とアメフト。と言っても、アメフトは日大アメフト部選手の関西学院大学選手に対する違反行為から炎上した日大経営陣にまで及ぶのゴシップ系の騒動ですが。対して野球は、エンゼルスでの大谷翔平選手の活躍絡みの明るいワードです。
    2018年6月1日
  • 3月の番組出演回数ランキング
    NHK朝の連続テレビ小説「わろてんか」出演者の圧勝です。3月は番組編成期で特番が多く、他の帯番組の放送数が減ったことも原因の一つですが、それにしても強い!ヒロインの葵わかなは意外なことにあまりCM出演がありませんが、「わろてんか」景気で一気に増えそうですね。3月で最終回を迎えましたが、4月からスタートした「半分、青い。」も同様に上位独占するのでしょうか?出演者ランキングから基本的に局アナは除いていますが、その分目立つのはお天気キャスター。タレント性充分の個性的なキャラクターが増えています。また、お笑いタレントの活躍も目を引きます。
    2018年4月1日
  • 2018年4月のトレンドワード
    2018年3月のトレンドワードランキングでは、やはりトランプ大統領がトップを維持しています。安倍政権にとって新たな逆風、財務省事務次官のセクハラ問題が国内トップの話題でしたが、国際的には米朝および朝鮮半島南北の首脳会談実現を控えて、緊張、期待、それぞれの思惑が錯綜し、日本もセクハラどころでないはずですが、野党側はどう考えているのでしょうか。スポーツではアメリカのエンゼルスに移籍した大谷選手の二刀流が大きく取り上げられています。政治スキャンダルと比べるととても清々しい話題です。
    2018年4月1日
  • 2018年3月のトレンドワード
    2018年3月のトレンドワードをランキングしてみました。なんだかんだ言ってトランプ大統領は強いです。「満開」や「東日本大震災」など季節柄頻出するワード以外では、森友学園絡みと北朝鮮問題が2本柱となっています。相撲スキャンダルも奮闘(?)しましたが、森友学園問題の決裁文書改ざんを巡る証人喚問の放送が長時間に渡ったこともあり、関連ワードが上位に並んでいます。もちろん、北朝鮮を巡る米中韓の動きも、日本国民の大きな関心事となりました。
    2018年3月1日