シグナル【時効成立20分前の攻防!真犯人の罠とは?新たなる事件発生】 #02【字】【デ】

「時効成立20分前!極限の攻防戦、新たな未解決事件!」坂口健太郎 北村一輝 吉瀬美智子 渡部篤郎

番組内容

三枝健人(坂口健太郎)は、15年前に起きた女児誘拐殺人事件で、被害者の女児を連れ去った謎の女を目撃。警察に訴えるものの相手にされず、事件は間もなく時効を迎えようとしていた。警察官になった健人はある日、廃棄予定の無線機から声がすることに気付く。声の主は刑事の大山剛志(北村一輝)で、15年前の事件で指名手配された男の遺体を発見したと話す。半信半疑の健人が現場へ向かうと、そこには確かに白骨遺体が。

番組内容2

時効成立を前に、犯人の自殺で終わるかに見えた事件。しかし、犯人が女だと断言する健人は、刑事の桜井美咲(吉瀬美智子)とともに捜査を再開。捜査線上に浮上した看護師の吉本圭子(長谷川京子)の風貌から、健人はその女こそが真犯人だと確信する。しかし、警察で取り調べを受ける圭子はなかなか口を割らず、時効成立が刻一刻と迫るなか、健人たちには焦りの色が見え始めて…。やがて、日本での時効撤廃が決まり、

番組内容3

警視庁は長期未解決事件捜査班を発足。美咲は班長に任命され、刑事の山田勉(木村祐一)と鑑識官の小島信也(池田鉄洋)が配属される。一方、健人と一度だけ無線機で交信した大山は、「また無線はつながる。その相手は3年前の私です」と、謎の言葉を残す。8年後、アメリカでプロファイリングを学んだ健人は、長期未解決事件捜査班に配属される。そして早速、未解決の連続女性殺人事件と対峙することになる。

出演者

坂口健太郎 北村一輝 吉瀬美智子 木村祐一 池田鉄洋 青野楓 神尾楓珠 甲本雅裕 渡部篤郎

スタッフ

【原作】『シグナル』〈脚本〉キム・ウニ 〈制作〉Studio Dragon & ASTORY 【主題歌】BTS(防弾少年団)「Don’t Leave Me」 (Def Jam Recordings) 【脚本】尾崎将也 【演出】内片輝 鈴木浩介 【音楽】林ゆうき 橘麻美 【プロデューサー】萩原崇(関西テレビ) 笠置高弘(関西テレビ) 

スタッフ2

石田麻衣(ホリプロ) 【制作協力】ホリプロ 【制作著作】関西テレビ

ご案内

ここだけの(秘)情報が満載!【公式ホームページ】https://www.ktv.jp/signal/index.html

  • 3月の番組出演回数ランキング
    NHK朝の連続テレビ小説「わろてんか」出演者の圧勝です。3月は番組編成期で特番が多く、他の帯番組の放送数が減ったことも原因の一つですが、それにしても強い!ヒロインの葵わかなは意外なことにあまりCM出演がありませんが、「わろてんか」景気で一気に増えそうですね。3月で最終回を迎えましたが、4月からスタートした「半分、青い。」も同様に上位独占するのでしょうか?出演者ランキングから基本的に局アナは除いていますが、その分目立つのはお天気キャスター。タレント性充分の個性的なキャラクターが増えています。また、お笑いタレントの活躍も目を引きます。
    2018年4月1日
  • 2018年4月のトレンドワード
    2018年3月のトレンドワードランキングでは、やはりトランプ大統領がトップを維持しています。安倍政権にとって新たな逆風、財務省事務次官のセクハラ問題が国内トップの話題でしたが、国際的には米朝および朝鮮半島南北の首脳会談実現を控えて、緊張、期待、それぞれの思惑が錯綜し、日本もセクハラどころでないはずですが、野党側はどう考えているのでしょうか。スポーツではアメリカのエンゼルスに移籍した大谷選手の二刀流が大きく取り上げられています。政治スキャンダルと比べるととても清々しい話題です。
    2018年4月1日
  • 2018年3月のトレンドワード
    2018年3月のトレンドワードをランキングしてみました。なんだかんだ言ってトランプ大統領は強いです。「満開」や「東日本大震災」など季節柄頻出するワード以外では、森友学園絡みと北朝鮮問題が2本柱となっています。相撲スキャンダルも奮闘(?)しましたが、森友学園問題の決裁文書改ざんを巡る証人喚問の放送が長時間に渡ったこともあり、関連ワードが上位に並んでいます。もちろん、北朝鮮を巡る米中韓の動きも、日本国民の大きな関心事となりました。
    2018年3月1日
  • ユーキャン新語・流行語大賞とテレビトレンドワードの関係
    2015年は「トリプルスリー」と「爆買い」、2016年は「神ってる」が選ばれたユーキャンの流行語大賞。今年は30の言葉がノミネートされました。公式サイトはこちら。http://singo.jiyu.co.jp/
    この中で主な単語の関東地区のテレビ番組での今年1月から10月までの露出回数を調べてみました。意外と多いのが「睡眠負債」で1759回、その他「共謀罪」1051回、「うつヌケ」1013回、「炎上」924回、「AIスピーカー」758回、「藤井フィーバー」413回、「忖度」444回と続きます。果たして流行語へのテレビの影響はどれほどのものなのでしょうか?
    テレビ番組の健康志向を反映して、「睡眠負債」が伸びたとも言えるのでしょうか?ニュース報道で取り上げられた回数も影響していそうです。本当の意味で「流行語」というワードではないようにも思えますが、世相を反映しているのは間違いないでしょう。テレビなどメディアで頻出し、人々の間で盛り上がり頻繁に飛び交うようになる言葉が流行語というイメージですが、そういう意味では「忖度」「炎上」あたりが王道のように感じます。最終結果が楽しみですね。
    2017年11月24日
  • 7月の番組出演回数ランキング
    梅雨明けの時季であり、かつ、異常な豪雨や雹による災害が相次いだことを受け、気象予報士の出演回数が伸びました。特にめざましテレビアクアとめざまし土曜日のお天気担当、篠原梨菜が目立ちます。昨年のミス東大で、現役東大生でもある彼女に期待大です。俳優の中で、今回注目するのは、NHK「ひよっこ」とNTVの夏ドラマに出演中の竹内涼真。仮面ライダー俳優を務めた後着々と実績を積んで来ました。これから主役級俳優に成長するのでしょうか。一方、22年前ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリに輝いた清純派女優・佐藤仁美がイメージチェンジ、バラエティー番組やドラマで再ブレイクしています。「ひよっこ」でもヒロイン有村架純に敵対する、ちょっと意地悪な先輩を好演、バイプレイヤーとして再び売れっ子に。
    2017年8月3日