『雷鳴』にヒットした番組数 1690件

相棒9 #15【解】【字】【再】

2020/05/26 15:43
雷鳴) 「もがり笛」水谷豊、及川光博ほか▽医療刑務所の重病懲役囚が刺殺された。凶器は包丁、事件発生時に部外者がいなかったことから、刑務所内の何者かによる犯行と断定される。

地球ドラマチック「発光生物 神秘の世界」【二】【字】【再】

2020/05/25 00:00
雷鳴) 地球上に数多く生息する発光生物。一体、何のために光るのか?動物学者デービッド・アッテンボローが案内人となり、最新の映像技術を駆使して、発光生物の謎の生態に迫る!

麒麟(きりん)がくる(18)「越前へ」【解】【字】【デ】【再】

2020/05/23 13:05
雷鳴) 明智城は落城した。尾張へ逃げようとする光秀一家を現れた駒(門脇麦)は、北へ逃げるよう諭す。北へ向かった光秀一行の前に、帰蝶が放った伊呂波(尾野真千子)が現れる

チコちゃんに叱られる!「すでにやったけど、同じ質問をいただいた…

2020/05/23 08:15
すると…」。 (雷鳴) 放送スタートから寄せられたおたよりには、すでに番組で取り上げた「素朴な疑問」がたくさん。特に多かったものをスペシャルとして厳選し、もう一度お送りします。

アニメ ボス・ベイビー「怪しいご近所さん」【二】【字】

2020/05/22 18:55
雷鳴) (雷鳴) ・(猫たちの鳴き声) (雷鳴)\nママさんとティム! でも 猫が…。 見た目は赤ちゃんなのに中身はビジネスマンのボス・ベイビー。仕事は赤ちゃんの人気を高めることだがさまざまなトラブルに見舞…

午後エンタ 午後ロード「ランボー/怒りの脱出」2週連続ランボー!…

2020/05/22 13:35
雷鳴) (雷鳴) マードック…。 (雷鳴) (雷鳴) 戦争で行方不明となった兵士の調査という特命を受けたランボーは再び戦地ベトナムへ!ナイフと弓矢だけを武器に、たった一人敵地から捕虜を救出できるか!?

午後エンタ 午後ロード「アウトロー」木曜はクリント・イーストウ…

2020/05/21 13:35
雷鳴) アメリカ建国200年を記念し製作されたC・イーストウッド監督・主演の西部劇!南北戦争時代を舞台に北軍に家族を殺された農夫の哀しい復讐の旅を描く!

100日の郎君様 【新】(1)【二】【字】

2020/05/17 23:00
雷鳴) (雷鳴) 朝鮮王朝時代。陰謀によって記憶を失った王子の運命の初恋物語。王族の少年イ・ユルは初恋の少女イソに将来は結婚したいと告白。だが、謀反によってイソの父が殺され…。

ドラマスペシャル 家栽の人【デ】【解】【字】

2020/05/17 21:00
雷鳴) (雷鳴) (雷鳴) 不朽の名作が2020年、ついに帰ってくる。こんな世の中だからこそ…人間を愛し、植物を慈しむ変わり者の判事が、人々の傷んだ心に優しい種を植える‼

西村京太郎トラベルミステリー66【解】【字】【再】

2020/05/17 14:05
雷鳴) (雷鳴) 「釧路・帯広殺人ルート“明日スーパーおおぞら5号で…”のメールが連続殺人を呼ぶ‼逃亡美女が横領1億を20倍に増やせる秘密」高橋英樹ほか

地球ドラマチック「発光生物 神秘の世界」【二】【字】

2020/05/16 19:00
雷鳴) 地球上に数多く生息する発光生物。一体、何のために光るのか?動物学者デービッド・アッテンボローが案内人となり、最新の映像技術を駆使して、発光生物の謎の生態に迫る!

ウルトラマン クロニクル ZERO&GEED「運命を変えていけ…

2020/05/16 09:00
雷鳴) 『ウルトラマンジード』を特別編集版にして放送。諸悪の根源ウルトラマンベリアルがついに地球に。ジードとゼロが挑むも、ベリアルの圧倒的な力の前に蹴散らされてしまう。

午後エンタ 午後ロード「タイトロープ」木曜はクリント・イースト…

2020/05/14 13:35
雷鳴) ニューオリンズを舞台に、連続殺人犯を追う敏腕刑事。犯人に迫るほどに刑事の周りの人間も危険に巻き込まれてゆく…。一体、犯人は誰なのか!?

午後エンタ 午後ロード「ロマンシング・ストーン/秘宝の谷」【字…

2020/05/13 13:35
あぁ〜! (雷鳴) 姉を救うため南米へ旅立った美しいロマンス作家、命知らずの一攫千金男。伝説の秘境で2人は…!秘宝を巡りアクション炸裂!大ヒットアドベンチャー!

家裁調査官・山ノ坊晃2〜紛争解決100%の男!【解】【字】【再】

2020/05/12 13:49
雷鳴) (雷鳴) 「妻たちの遺産10億円強奪トリック」小泉孝太郎ほか▽消えた遺産をめぐって、いがみ合う兄妹。転落死した資産家がのこした“謎の遺言”に秘められた真実とは…

ドクター彦次郎2【解】【字】【再】

2020/05/11 13:49
雷鳴) (雷鳴) 「塀の中から来た名医!白い巨塔連続殺人‼教授選挙の裏に女の愛欲…たこ焼きで病気を治すヤブ医者が大病院の医療ミスを暴く⁉」寺島進ほか

歴史秘話ヒストリア「信長を導いた戦国革命児 斎藤道三 非情の哲…

2020/05/10 13:50
雷鳴) 大河ドラマ「麒麟がくる」で話題!美濃の戦国武将・斎藤道三。最新の研究で、彼が革命児・織田信長に多大な影響を与えたことがわかってきた。受け継がれた野望に迫る。

【連続テレビ小説】エール「第6週」【字】【再】

2020/05/10 11:00
雷鳴) 連続テレビ小説「エール」の今週一週間を、朝ドラ大好き、自称「朝ドラおじさん」のバナナマン日村勇紀がナビゲート。平日見た人も、初めて見る人も楽しめるよう解説する。

【土曜時代ドラマ】雲霧仁左衛門3(5)「奪還」【解】【字】

2020/05/09 18:05
雷鳴) 雲霧仁左衛門と火付盗賊改方長官・安部式部、そして仁左衛門因縁の仇(きゅう)敵・藤堂家の、三つ巴(どもえ)の戦いの行方は――?人気シリーズ第3弾。いよいよ佳境へ!

【連続テレビ小説】エール「第6週」【字】【再】

2020/05/09 12:45
雷鳴) 連続テレビ小説「エール」の今週一週間を、朝ドラ大好き、自称「朝ドラおじさん」のバナナマン日村勇紀がナビゲート。平日見た人も、初めて見る人も楽しめるよう解説する。
  • 2020年4月のトレンドワード
    「新型コロナウイルス」の「感染拡大」により遂に「緊急事態宣言」が発令されました。海外の報道と比べ、日本では感染者数・死者数ともに欧米よりはるかに抑えられているようですが、日本全国が日々緊張感に包まれています。さらに自粛延長されることで、経済に甚大な損害がもたらされ、我々は長期化する可能性の高いストレスにさらされることとなります。いかに国民の生命・健康と経済活動のバランスをとり、国家の被害をより少なくなるように抑えられるか、ここに至り、中央の政治家でなく、各「自治体」のリーダー達への期待が高まっています。しかし、政治・行政に頼るだけでなく、我々国民一人一人の自覚が何より大切であり、この自粛期間を通じてそれぞれが個と集団について考える機会になれば、と願います。
    2020年5月1日
  • 2020年3月のトレンドワード
    「新型コロナウイルス」とその関連ワードがテレビどころか我々の日常を占拠してしまいました。どこもかしこもコロナの話題で充満しています。当サイトのグラフでの小池都知事のテーマカラー「緑」、トランプ大統領のカラー「薄水色」および中国に偏向し世界の憎まれ役となりそうなWHOは、中国のテーマカラー「灰色」と、グラフの色に多少のメリハリをつけましたが、実質はコロナカラー一色です。地上波はどの局も同じ内容の報道ばかりなので他国、特に東アジア諸国の状況を知る術があまりないので大変気になるところです。
    2020年4月1日
  • 2020年2月のトレンドワード
    昨年12月から話題となった「新型コロナウイルス」は日本のテレビを席巻しました。ニュース番組もワイドショーもコロナ関連ワードのみで成り立っているといっても過言ではありません。一つのテーマがここまで取り上げられるのは極めて異例です。2月は停泊していた「ダイヤモンドプリンセス」など国内への影響の話題がほとんどでしたが、コロナが世界各国に拡大したことを受け、3月は世界情勢の観点からも話題を独占するでしょう。「新型コロナウイルス」により緊張関係にあったアメリカとイランも戦争回避は当然で、米中も日韓も貿易摩擦どころではありません。一時的なものだとしてもそれは救いとなりますし、また、衛生管理というものを世界中が考える機会ともなるでしょう。
    2020年3月1日
  • 2020年1月のトレンドワード
    2020年1月前半は、1月3日「トランプ大統領」の指示でアメリカ軍が「イラン」の英雄である司令官を空爆で殺害したことで、急激に一触即発の様相を呈した「中東情勢」に関するニュースが大きく取り上げられました。「イラン」によるウクライナ旅客機の誤った「撃墜」まで引き起こし、一時は戦争になるかとさえ言われましたが、とりあえず落ち着いたようです。それと交代するように「新型コロナウイルス」問題が沸き起こり、2月になっても報道の大半を占めています。「発熱」「肺炎」「春節」「SARS」「厚生労働省」「WHO」という関連ワードが上位に上がり、今後も勢いを増しそうです。一方、先月の予想通り「ゴーン被告」は「新型コロナウイルス」とほぼ同数の露出でしたが、「新型コロナウイルス」に押されて2月には失速しそうです。
    2020年2月2日
  • 2019年12月のトレンドワード
    令和元年の最後の月、ニュースを騒がせたワードは「年末年始」「おおみそか」「初雪」といった季節関係が上位を占めました。日本では比較的平穏な年末だったということでしょうか。カジノを含むIR事業を巡る汚職事件についての報道や、いよいよ迫って来た感の強い「オリンピック」も上がっています。元「農林水産省」事務次官の公判、アフガニスタンで武装勢力に殺害された「中村哲」医師など、心の痛む出来事も続きました。12月の最終週に限定して集計するとカルロス・ゴーン氏の国外逃亡関連が上位を占めますので、1月のトレンドワードではゴーン氏の躍進?が予想されます。
    2020年1月6日