『異例』にヒットした番組数 8620件

スーパーJチャンネル【デ】【字】

2020/05/28 16:40
異例の厳しい検査が 義務付けられました。 再開・緩和で一安心?第二波にどう備えれば▽夏の風物詩に黄信号“祭り”巡る業者危機▽「困った時はお互い様」人情スーパーが大活躍!コロナ在庫を見事完売ほか

Nスタ【字】

2020/05/28 15:49
これがなぜなのか、これは大変異例なことと考えていいですか? かなり異例のことだということです。 “全面解除”の神奈川 最初の夜街の様子は?▽ついに東京タワーも旅館も準備観光再開へ▽旅館が居酒屋が変化 生き残り…

直撃LIVE グッディ!【学校行きたくない…子供の“登校渋り”▽金…

2020/05/28 13:45
異例です。 1学期は今年の4月1日に始まり 学校行きたくない…子供の“登校渋り”増加授業再開を目前に親たち困惑…5つの解決策▽金Qキューブ第2弾“お釣り”で増やす!▽北九州市で“第2波”襲来の謎

ニュースウオッチ9▽事件から10か月 京アニ放火容疑者逮捕 弁護…

2020/05/27 21:00
と、異例続きの今シーズン。 ▽“事業規模117兆円”第2次補正予算案が閣議決定 事業者の反応は▽感染防止へ個人情報どう扱うか 現場の模索▽“新たな演劇作り出せ”コロナ時代の舞台は

イット!【“新たな日常”本格化…3密対策はどう変化?経済的ダメージ…

2020/05/27 15:50
身柄送致の手続きが行われるなど異例の態勢で “新たな日常”本格化…3密対策はどう変化?経済的ダメージ…深刻▽東京都も段階的緩和・飲食店22時まで…客は▽コロナ禍の街で調査!ラーメン店の苦悩と光

ニュース【字】

2020/05/27 12:00
異例の形で行われていて 警察は医療体制を整えたうえで 【キャスター】三條雅幸

FNN Live News days【家賃負担軽減へ 2次補正…

2020/05/27 11:30
送されるという異例の展開となりました。 家賃負担軽減へ 第2次補正予算案きょう閣議決定▽コロナ無関係でも医療崩壊?“受診自粛”で地方病院の経営がひっ迫▽再開の動き続々 感染防止の工夫は?

大下容子ワイド!スクランブル【字】

2020/05/27 10:25
異例で定年を延ばしてますから 今日中にも勾留される 異例の措置となります。 黒川氏“訓告”処分決定は官邸?野党追及に森法務大臣が説明を修正▽コロナで「旅行」が変化!星野リゾート会長に生直撃▽ロヒンギャ感染危機▽…

グッとラック! “緊急事態”解除後の夜は?

2020/05/27 08:00
こちらは異例の手続きと言えます。 これは極めて異例ということなんですよね? 緊急事態が解除されて初めての東京の夜は?▽コロナの爪あと…差別はどう防ぐ?▽奪われた平穏…母国に帰れなくなった外国人は?▽外国も注目!…

時論公論「検察と国民の信頼」【字】

2020/05/26 23:30
相次いだ2つの異例の出来事。 異例の定年延長。 異例の定年延長で この異例の定年延長について 東京高検の黒川検事長が辞職。検察庁法の改正案の成立見送りを政府が決めたばかりだ。黒川氏の定年延長はどんな経緯で決…

報道ステーション【字】

2020/05/26 21:54
太田さん、政府は 異例ともいえる規模で 緊急事態宣言“解除”緩和第1段階の初日…都内の繁華街に変化は▽“ヒトの移動”の安全基準は?経済と予防両立のカギ…政府諮問委員が生解説

ニュース・気象情報 ▽新型コロナ最新情報▽暮らしへの影響続く【字】

2020/05/26 10:00
25日、異例の会見を開き 妻にウイルスの症状が見られ

FNN Live News α【緊急事態宣言の解除は広がる第2波…

2020/05/25 23:40
異例のシーズンの戦い方を 緊急事態宣言の解除は広がる第2波への備え▽プロ野球どうなる?解除なら開幕日発表へ

報道ステーション【字】

2020/05/25 21:54
1つは黒川さんを 異例の定年延長とした 首都圏と北海道で“緊急事態宣言”の解除判断▽経済活動再開に向けた動きと“第二波”への備えは▽大阪・京都・兵庫で解除後初の週末…人出は戻る?

ニュース「安倍首相記者会見」【二】【字】

2020/05/25 18:00
その決意を異例の共同談話として、発表いたしました。 ▽中継・安倍首相会見 “宣言”を全面解除へ 政府…今後の対応は

スーパーJチャンネル【デ】【字】

2020/05/25 16:40
異例の定年延長になった人が 緊急事態中に その決意を異例の共同談話として発表いたしました。 皆さんの努力が実る?緊急事態は全面解除か…日本が一丸で出口戦略“新生活様式”で日常変化▽コロナ不況は本格化…ステイホー…

イット!【緊急事態が全面解除へ!約50日ぶり国が判断…始まる“新…

2020/05/25 15:50
異例の日程となる可能性もあり 緊急事態が全面解除へ!約50日ぶり国が判断…始まる“新しい日常”▽苦肉の策で業態変更!飲食店に思わぬ効果も▽小中学校も順次再開…教育現場の次の課題は

相棒14 #5【解】【字】【再】

2020/05/25 15:43
しかも 異例のスピード認定です。 「2045」水谷豊、反町隆史ほか▽法務省エリート官僚が毒物死を遂げ、警視庁に試験導入されていた犯罪捜査用の人工知能も捜査をサポートすることに。興味津々の右京は…

直撃LIVE グッディ!【きょう緊急事態解除へ解除待てず週末は…

2020/05/25 13:45
活字で埋め尽くされた 異例の紙面となった きょう緊急事態全面解除へ…週末の首都圏ではフライング緩みも「見捨てられた」夜の街&ジムから悲鳴▽なぜ?名古屋の寺にベトナム人集結…帰りたくても帰れない

100日の郎君様(2)【二】【字】

2020/05/24 23:00
はい。 世子嬪様の ご寝所です。 これは 異例の お取り立てで 朝鮮王朝時代。陰謀によって記憶を失った王子の運命の初恋物語。イ・ユルは初恋の相手ユン・イソの面影がある女性を追う。宮殿では世継ぎのユルを暗殺…
  • 2020年4月のトレンドワード
    「新型コロナウイルス」の「感染拡大」により遂に「緊急事態宣言」が発令されました。海外の報道と比べ、日本では感染者数・死者数ともに欧米よりはるかに抑えられているようですが、日本全国が日々緊張感に包まれています。さらに自粛延長されることで、経済に甚大な損害がもたらされ、我々は長期化する可能性の高いストレスにさらされることとなります。いかに国民の生命・健康と経済活動のバランスをとり、国家の被害をより少なくなるように抑えられるか、ここに至り、中央の政治家でなく、各「自治体」のリーダー達への期待が高まっています。しかし、政治・行政に頼るだけでなく、我々国民一人一人の自覚が何より大切であり、この自粛期間を通じてそれぞれが個と集団について考える機会になれば、と願います。
    2020年5月1日
  • 2020年3月のトレンドワード
    「新型コロナウイルス」とその関連ワードがテレビどころか我々の日常を占拠してしまいました。どこもかしこもコロナの話題で充満しています。当サイトのグラフでの小池都知事のテーマカラー「緑」、トランプ大統領のカラー「薄水色」および中国に偏向し世界の憎まれ役となりそうなWHOは、中国のテーマカラー「灰色」と、グラフの色に多少のメリハリをつけましたが、実質はコロナカラー一色です。地上波はどの局も同じ内容の報道ばかりなので他国、特に東アジア諸国の状況を知る術があまりないので大変気になるところです。
    2020年4月1日
  • 2020年2月のトレンドワード
    昨年12月から話題となった「新型コロナウイルス」は日本のテレビを席巻しました。ニュース番組もワイドショーもコロナ関連ワードのみで成り立っているといっても過言ではありません。一つのテーマがここまで取り上げられるのは極めて異例です。2月は停泊していた「ダイヤモンドプリンセス」など国内への影響の話題がほとんどでしたが、コロナが世界各国に拡大したことを受け、3月は世界情勢の観点からも話題を独占するでしょう。「新型コロナウイルス」により緊張関係にあったアメリカとイランも戦争回避は当然で、米中も日韓も貿易摩擦どころではありません。一時的なものだとしてもそれは救いとなりますし、また、衛生管理というものを世界中が考える機会ともなるでしょう。
    2020年3月1日
  • 2020年1月のトレンドワード
    2020年1月前半は、1月3日「トランプ大統領」の指示でアメリカ軍が「イラン」の英雄である司令官を空爆で殺害したことで、急激に一触即発の様相を呈した「中東情勢」に関するニュースが大きく取り上げられました。「イラン」によるウクライナ旅客機の誤った「撃墜」まで引き起こし、一時は戦争になるかとさえ言われましたが、とりあえず落ち着いたようです。それと交代するように「新型コロナウイルス」問題が沸き起こり、2月になっても報道の大半を占めています。「発熱」「肺炎」「春節」「SARS」「厚生労働省」「WHO」という関連ワードが上位に上がり、今後も勢いを増しそうです。一方、先月の予想通り「ゴーン被告」は「新型コロナウイルス」とほぼ同数の露出でしたが、「新型コロナウイルス」に押されて2月には失速しそうです。
    2020年2月2日
  • 2019年12月のトレンドワード
    令和元年の最後の月、ニュースを騒がせたワードは「年末年始」「おおみそか」「初雪」といった季節関係が上位を占めました。日本では比較的平穏な年末だったということでしょうか。カジノを含むIR事業を巡る汚職事件についての報道や、いよいよ迫って来た感の強い「オリンピック」も上がっています。元「農林水産省」事務次官の公判、アフガニスタンで武装勢力に殺害された「中村哲」医師など、心の痛む出来事も続きました。12月の最終週に限定して集計するとカルロス・ゴーン氏の国外逃亡関連が上位を占めますので、1月のトレンドワードではゴーン氏の躍進?が予想されます。
    2020年1月6日