『濱田岳』にヒットした番組数 860件

開運!なんでも鑑定団【30年ヨーロッパを回って集めた大珍品に衝撃…

2018/01/23 20:54
30年前、ヨーロッパ旅行の際、骨董市で発見したお宝。魅力の虜になり、その後、集めた珍品の一大コレクションの値は?▽無料でもらったお宝がまさか有名陶芸家の作?

連続テレビ小説 わろてんか(93)「ずっと、わろてんか」【解】…

2018/01/23 12:45
子育てが一段落したてん(葵わかな)は興行主の仕事を藤吉(松坂桃李)から直接教わることになり、女性ならではの新しい寄席演芸の形を模索し始める。新聞連載がスタートした万丈目(藤井隆)の小ばなしは評判も上々で…

越路吹雪物語 #12【解】【字】

2018/01/23 12:30
名曲「愛の讃歌」を世に送り出した戦後の大スター・越路吹雪と作詞家で越路吹雪の生涯のマネージャー・岩谷時子。昭和の時代を背景に偉大な2人の友情と波乱の人生を描く。

連続テレビ小説 わろてんか(93)「ずっと、わろてんか」【解】…

2018/01/23 08:00
子育てが一段落したてん(葵わかな)は興行主の仕事を藤吉(松坂桃李)から直接教わることになり、女性ならではの新しい寄席演芸の形を模索し始める。新聞連載がスタートした万丈目(藤井隆)の小ばなしは評判も上々で…

【新】卒業バカメンタリー#01

2018/01/23 00:59
ジャニーズWEST藤井流星・濱田崇裕主演!シソンヌのじろうが初脚本!偏差値70を超える大学生4人組が男として卒業するまでを描くドキュメンタリー風青春ドラマ。

news every.関東各地に大雪警報…都心も“横殴り”で帰宅ラ…

2018/01/22 15:50
列島襲った“強烈な寒さ”予想以上に早く…東京4年ぶり大雪か?交通混乱あすピークへ▼角界また波乱…無免許事故の大砂嵐が休場▼アンミカ宅侵入し窃盗…マネジャーがなぜ

連続テレビ小説 わろてんか(92)「ずっと、わろてんか」【解】…

2018/01/22 12:45
てん(葵わかな)の献身的な介護のおかげもあって、脳卒中で倒れた藤吉(松坂桃李)は仕事に復帰する。東京を視察し刺激を受けた藤吉は、風太(濱田岳)に百年以上続く万歳を作れとはっぱをかけ、自分は新しい笑いを求…

越路吹雪物語 #11【解】【字】

2018/01/22 12:30
名曲「愛の讃歌」を世に送り出した戦後の大スター・越路吹雪と作詞家で越路吹雪の生涯のマネージャー・岩谷時子。昭和の時代を背景に偉大な2人の友情と波乱の人生を描く。

PON! 東京で午後から大雪か?積雪は?いつまで?注意点を気象…

2018/01/22 10:25
生出演!ジャニーズWEST藤井&濱田【独占密着】ANZEN漫才あらぽん、妻のコーデ術/カミナリは吉高由里子に直撃【アノ人の金土日】里田まい、東方神起、松坂桃李

連続テレビ小説 わろてんか(92)「ずっと、わろてんか」【解】…

2018/01/22 08:00
てん(葵わかな)の献身的な介護のおかげもあって、脳卒中で倒れた藤吉(松坂桃李)は仕事に復帰する。東京を視察し刺激を受けた藤吉は、風太(濱田岳)に百年以上続く万歳を作れとはっぱをかけ、自分は新しい笑いを求…

「わろてんか」一週間 第16週「笑いの新時代」【字】

2018/01/21 11:08
昭和になりラジオ放送が始まった。落語を大切にしたい藤吉(松坂桃李)とてん(葵わかな)に対し、風太(濱田岳)は万歳が今後主流になると考え対立が大きくなる。 昭和になりラジオ放送が始まった。時代の変化は北村笑…

サンデーLIVE‼【字】

2018/01/21 05:50
東山紀之▽平昌参加で北朝鮮が作る宣伝映像まるで「平壌五輪」▽小室哲哉が不倫釈明し涙で引退▽古田敦也が冬季五輪の好珍プレー▽TOKYO応援宣言は大坂なおみのスゴ技

5分で「わろてんか」 第16週「笑いの新時代」【字】

2018/01/21 05:45
昭和になりラジオ放送が始まった。落語を大切にしたい藤吉(松坂桃李)とてん(葵わかな)に対し、風太(濱田岳)は万歳が今後主流になると考え対立が大きくなる。 昭和になりラジオ放送が始まった。落語を大切にしたい…

5分で「わろてんか」 第16週「笑いの新時代」【字】

2018/01/20 14:50
昭和になりラジオ放送が始まった。落語を大切にしたい藤吉(松坂桃李)とてん(葵わかな)に対し、風太(濱田岳)は万歳が今後主流になると考え対立が大きくなる。 昭和になりラジオ放送が始まった。落語を大切にしたい…

連続テレビ小説 わろてんか(91)「笑いの新時代」【解】【字】…

2018/01/20 12:45
てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は、団吾(波岡一喜)の声がラジオから流れてきたことにびっくりするが、団吾が語り始めた落語に思わず引き込まれる。風太(濱田岳)は団吾に裏をかかれたショックでぼう然となり落…

連続テレビ小説 わろてんか(91)「笑いの新時代」【解】【字】…

2018/01/20 08:00
てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は、団吾(波岡一喜)の声がラジオから流れてきたことにびっくりするが、団吾が語り始めた落語に思わず引き込まれる。風太(濱田岳)は団吾に裏をかかれたショックでぼう然となり落…

ズームイン!!サタデー【字】【デ】 シャンシャンフィーバー!上…

2018/01/20 05:30
来月開幕平昌五輪…南北合同チームで波紋▽小室哲哉さんが突然の引退発表▽藤井流星さん&濱田崇裕さんスナモチご来店!ライブ舞台裏のハプニング▽横綱 稀勢の里が休場

ごごナマ おいしい金曜日「カニだ!お肉だ!温泉だ! 冬の城崎満…

2018/01/19 14:05
カニあり!お肉あり!温泉あり!いわば“魅力の三冠王”冬の兵庫県・城崎(きのさき)。これら名物を始め、歴史ある温泉地ならではの風情や文化の秘密をまるごと大特集!

ごごナマ 助けて!きわめびと「腸〜スッキリしたい!」【字】

2018/01/19 13:05
50代、60代になると増えてくる便秘。食物繊維や便秘薬などの対策にも、実は落とし穴がいっぱい。食事と運動で便秘解消に挑む医師が極意を伝授します。

連続テレビ小説 わろてんか(90)「笑いの新時代」【解】【字】…

2018/01/19 12:45
風太(濱田岳)は団吾(波岡一喜)を捕まえようとラジオ局で待ち構える。てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は、隼也(大八木凱斗)から父の跡を継ぎたいと言われ驚いた。 ラジオ放送の当日、風太(濱田岳)はラジオ局…
  • ユーキャン新語・流行語大賞とテレビトレンドワードの関係
    2015年は「トリプルスリー」と「爆買い」、2016年は「神ってる」が選ばれたユーキャンの流行語大賞。今年は30の言葉がノミネートされました。公式サイトはこちら。http://singo.jiyu.co.jp/
    この中で主な単語の関東地区のテレビ番組での今年1月から10月までの露出回数を調べてみました。意外と多いのが「睡眠負債」で1759回、その他「共謀罪」1051回、「うつヌケ」1013回、「炎上」924回、「AIスピーカー」758回、「藤井フィーバー」413回、「忖度」444回と続きます。果たして流行語へのテレビの影響はどれほどのものなのでしょうか?
    テレビ番組の健康志向を反映して、「睡眠負債」が伸びたとも言えるのでしょうか?ニュース報道で取り上げられた回数も影響していそうです。本当の意味で「流行語」というワードではないようにも思えますが、世相を反映しているのは間違いないでしょう。テレビなどメディアで頻出し、人々の間で盛り上がり頻繁に飛び交うようになる言葉が流行語というイメージですが、そういう意味では「忖度」「炎上」あたりが王道のように感じます。最終結果が楽しみですね。
    2017年11月24日
  • 7月の番組出演回数ランキング
    梅雨明けの時季であり、かつ、異常な豪雨や雹による災害が相次いだことを受け、気象予報士の出演回数が伸びました。特にめざましテレビアクアとめざまし土曜日のお天気担当、篠原梨菜が目立ちます。昨年のミス東大で、現役東大生でもある彼女に期待大です。俳優の中で、今回注目するのは、NHK「ひよっこ」とNTVの夏ドラマに出演中の竹内涼真。仮面ライダー俳優を務めた後着々と実績を積んで来ました。これから主役級俳優に成長するのでしょうか。一方、22年前ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリに輝いた清純派女優・佐藤仁美がイメージチェンジ、バラエティー番組やドラマで再ブレイクしています。「ひよっこ」でもヒロイン有村架純に敵対する、ちょっと意地悪な先輩を好演、バイプレイヤーとして再び売れっ子に。
    2017年8月3日
  • 6月の番組出演回数ランキング
    ヒロイン有村架純をはじめNHK連続テレビ小説「ひよっこ」出演者が上位を占める中、NHKで共演中の船越英一郎と美保純が、松居一代騒動の影響もあってか揃って上位にランクイン。「ひよっこ」関係では、演者でないもののナレーションを担当する元マラソン選手の増田明美や、歌手、ドラマーながら女優としても注目のシシド・カフカの健闘が目立ちます。
    2017年7月24日
  • 5月のまとめ
    トランプ大統領、 アメリカ軍と北朝鮮の攻防、ムン・ジェイン(文在寅)大統領就任など、日本近隣の不穏な空気は変わらず、ICBMやサイバー攻撃など物騒なワードが日常化しました。一方で大相撲五月場所における横綱・稀勢の里や大関・高安の話題、眞子さまのご婚約は明るいニュースでした。
    2017年6月24日
  • 4月のまとめ
    常に物騒な隣人である北朝鮮が、その危険度を増しています。キム・ジョンナム(金正男)暗殺事件をきっかけに、国際的に危険な国家という認識が高まり、原子力空母カール・ビンソンが朝鮮半島に向かい、トランプ大統領が繰り返すパフォーマンスも相まって、東アジアは一触即発の事態とも言えます。日本は東アジアの一員として賢明な対応を期待されます。
    2017年5月10日