『波岡一喜』にヒットした番組数 99件

「わろてんか」一週間 第16週「笑いの新時代」【字】

2018/01/21 11:08
昭和になりラジオ放送が始まった。時代の変化は北村笑店にも押し寄せ、落語を大切にしたい藤吉(松坂桃李)と万歳が今後主流になると考える風太(濱田岳)の対立が大きくなっていた。そんな時、藤吉が突然脳卒中で倒れ…

連続テレビ小説 わろてんか(91)「笑いの新時代」【解】【字】…

2018/01/20 12:45
てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は、ラジオから流れてきた団吾(波岡一喜)の落語に思わず引き込まれラジオで演芸を披露するという新しい変革の波をまざまざと感じた。 てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は、団吾…

連続テレビ小説 わろてんか(91)「笑いの新時代」【解】【字】…

2018/01/20 08:00
てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は、ラジオから流れてきた団吾(波岡一喜)の落語に思わず引き込まれラジオで演芸を披露するという新しい変革の波をまざまざと感じた。 てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は、団吾…

連続テレビ小説 わろてんか(90)「笑いの新時代」【解】【字】…

2018/01/19 12:45
風太(濱田岳)は団吾(波岡一喜)を捕まえようとラジオ局で待ち構える。てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は、隼也(大八木凱斗)から父の跡を継ぎたいと言われ驚いた。 ラジオ放送の当日、風太(濱田岳)はラジオ局…

連続テレビ小説 わろてんか(90)「笑いの新時代」【解】【字】…

2018/01/19 08:00
風太(濱田岳)は団吾(波岡一喜)を捕まえようとラジオ局で待ち構える。てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は、隼也(大八木凱斗)から父の跡を継ぎたいと言われ驚いた。 ラジオ放送の当日、風太(濱田岳)はラジオ局…

連続テレビ小説 わろてんか(89)「笑いの新時代」【解】【字】…

2018/01/18 12:45
風太(濱田岳)に反旗を翻した団吾(波岡一喜)は、ラジオへの出演を一方的に宣言した。なんとか団吾のラジオ出演を阻止しようと、風太はその行方をしらみつぶしに当たるが見つけることができない。藤吉(松坂桃李)は…

連続テレビ小説 わろてんか(89)「笑いの新時代」【解】【字】…

2018/01/18 08:00
風太(濱田岳)に反旗を翻した団吾(波岡一喜)は、ラジオへの出演を一方的に宣言した。なんとか団吾のラジオ出演を阻止しようと、風太はその行方をしらみつぶしに当たるが見つけることができない。藤吉(松坂桃李)は…

連続テレビ小説 わろてんか(88)「笑いの新時代」【解】【字】…

2018/01/17 12:45
てん(葵わかな)の献身的な看病もあり、意識を取り戻した藤吉(松坂桃李)だが、体に麻痺(まひ)が残り思うように動けず焦りを感じ始める。風太(濱田岳)はラジオ局から、天才落語家・団吾(波岡一喜)の出演を打診…

連続テレビ小説 わろてんか(88)「笑いの新時代」【解】【字】…

2018/01/17 08:00
てん(葵わかな)の献身的な看病もあり、意識を取り戻した藤吉(松坂桃李)だが、体に麻痺(まひ)が残り思うように動けず焦りを感じ始める。風太(濱田岳)はラジオ局から、天才落語家・団吾(波岡一喜)の出演を打診…

今年も一緒に わろてんか【字】【再】

2018/01/03 12:45
【出演】葵わかな,松坂桃李,濱田岳,千葉雄大,広瀬アリス,徳永えり,大野拓朗,前野朋哉,枝元萌,堀田真由,兵動大樹,内場勝則,藤井隆,新井美羽,鈴木福,大後寿々花,北村有起哉,波岡一喜,中村ゆりほか:出演…

今年も一緒に わろてんか【字】

2018/01/03 08:00
【出演】葵わかな,松坂桃李,濱田岳,千葉雄大,広瀬アリス,徳永えり,大野拓朗,前野朋哉,枝元萌,堀田真由,兵動大樹,内場勝則,藤井隆,新井美羽,鈴木福,大後寿々花,北村有起哉,波岡一喜,中村ゆりほか:出演…

「わろてんか」一週間 第12週「お笑い大阪 春の陣」【字】

2017/12/25 01:00
【出演】葵わかな,松坂桃李,濱田岳,広瀬アリス,徳永えり,大野拓朗,前野朋哉,兵動大樹,波岡一喜,佐川満男,藤井隆,内場勝則,笹野高史,高橋一生:出演者 てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は寄席を三つに増…

連続テレビ小説 わろてんか(67)「お笑い大阪 春の陣」【解】…

2017/12/18 12:45
てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は団吾(波岡一喜)を専属に迎え、風鳥亭は連日大入り満員の大盛況となった。伊能(高橋一生)は映画制作に加えて宅地開発に乗り出す。 藤吉(松坂桃李)は団吾(波岡一喜)を念願の…

連続テレビ小説 わろてんか(67)「お笑い大阪 春の陣」【解】…

2017/12/18 08:00
てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は団吾(波岡一喜)を専属に迎え、風鳥亭は連日大入り満員の大盛況となった。伊能(高橋一生)は映画制作に加えて宅地開発に乗り出す。 藤吉(松坂桃李)は団吾(波岡一喜)を念願の…

「わろてんか」一週間 第11週「われても末に」【字】

2017/12/17 11:00
てん(葵わかな)が藤吉(松坂桃李)の許可なく、団真(北村有起哉)を高座に上げたことで夫婦ゲンカが勃発、ついには口も聞かない最悪の状態となった。団真とお夕(中村ゆり)の夫婦仲もおかしくなり、お夕は姿を消し…

連続テレビ小説 わろてんか(66)「われても末に」【解】【字】…

2017/12/16 12:45
てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)が見守る中、団真(北村有起哉)が高座に上がる。だがそこへ団吾(波岡一喜)が突然現れ、客の注目を集める派手な踊りを始めた。 てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)の計らいで、団…

連続テレビ小説 わろてんか(66)「われても末に」【解】【字】…

2017/12/16 08:00
てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)が見守る中、団真(北村有起哉)が高座に上がる。だがそこへ団吾(波岡一喜)が突然現れ、客の注目を集める派手な踊りを始めた。 てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)の計らいで、団…

連続テレビ小説 わろてんか(65)「われても末に」【解】【字】…

2017/12/15 12:45
てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は、姿を消した団真(北村有起哉)を必死に探す。そのことを知ったお夕(中村ゆり)は団吾(波岡一喜)の制止を振り払い風鳥亭に駆けつける。夜半、亀井(内場勝則)が川をぼーっと…

連続テレビ小説 わろてんか(65)「われても末に」【解】【字】…

2017/12/15 08:00
てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は、姿を消した団真(北村有起哉)を必死に探す。そのことを知ったお夕(中村ゆり)は団吾(波岡一喜)の制止を振り払い風鳥亭に駆けつける。夜半、亀井(内場勝則)が川をぼーっと…

連続テレビ小説 わろてんか(64)「われても末に」【解】【字】…

2017/12/14 12:45
てん(葵わかな)は団真(北村有起哉)とお夕(中村ゆり)の仲を元に戻したいと、団吾(波岡一喜)に掛け合いに行くが、お夕を団真には返さないと言われてしまう。 藤吉(松坂桃李)と仲直りをしたてん(葵わかな)は別…
  • ユーキャン新語・流行語大賞とテレビトレンドワードの関係
    2015年は「トリプルスリー」と「爆買い」、2016年は「神ってる」が選ばれたユーキャンの流行語大賞。今年は30の言葉がノミネートされました。公式サイトはこちら。http://singo.jiyu.co.jp/
    この中で主な単語の関東地区のテレビ番組での今年1月から10月までの露出回数を調べてみました。意外と多いのが「睡眠負債」で1759回、その他「共謀罪」1051回、「うつヌケ」1013回、「炎上」924回、「AIスピーカー」758回、「藤井フィーバー」413回、「忖度」444回と続きます。果たして流行語へのテレビの影響はどれほどのものなのでしょうか?
    テレビ番組の健康志向を反映して、「睡眠負債」が伸びたとも言えるのでしょうか?ニュース報道で取り上げられた回数も影響していそうです。本当の意味で「流行語」というワードではないようにも思えますが、世相を反映しているのは間違いないでしょう。テレビなどメディアで頻出し、人々の間で盛り上がり頻繁に飛び交うようになる言葉が流行語というイメージですが、そういう意味では「忖度」「炎上」あたりが王道のように感じます。最終結果が楽しみですね。
    2017年11月24日
  • 7月の番組出演回数ランキング
    梅雨明けの時季であり、かつ、異常な豪雨や雹による災害が相次いだことを受け、気象予報士の出演回数が伸びました。特にめざましテレビアクアとめざまし土曜日のお天気担当、篠原梨菜が目立ちます。昨年のミス東大で、現役東大生でもある彼女に期待大です。俳優の中で、今回注目するのは、NHK「ひよっこ」とNTVの夏ドラマに出演中の竹内涼真。仮面ライダー俳優を務めた後着々と実績を積んで来ました。これから主役級俳優に成長するのでしょうか。一方、22年前ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリに輝いた清純派女優・佐藤仁美がイメージチェンジ、バラエティー番組やドラマで再ブレイクしています。「ひよっこ」でもヒロイン有村架純に敵対する、ちょっと意地悪な先輩を好演、バイプレイヤーとして再び売れっ子に。
    2017年8月3日
  • 6月の番組出演回数ランキング
    ヒロイン有村架純をはじめNHK連続テレビ小説「ひよっこ」出演者が上位を占める中、NHKで共演中の船越英一郎と美保純が、松居一代騒動の影響もあってか揃って上位にランクイン。「ひよっこ」関係では、演者でないもののナレーションを担当する元マラソン選手の増田明美や、歌手、ドラマーながら女優としても注目のシシド・カフカの健闘が目立ちます。
    2017年7月24日
  • 5月のまとめ
    トランプ大統領、 アメリカ軍と北朝鮮の攻防、ムン・ジェイン(文在寅)大統領就任など、日本近隣の不穏な空気は変わらず、ICBMやサイバー攻撃など物騒なワードが日常化しました。一方で大相撲五月場所における横綱・稀勢の里や大関・高安の話題、眞子さまのご婚約は明るいニュースでした。
    2017年6月24日
  • 4月のまとめ
    常に物騒な隣人である北朝鮮が、その危険度を増しています。キム・ジョンナム(金正男)暗殺事件をきっかけに、国際的に危険な国家という認識が高まり、原子力空母カール・ビンソンが朝鮮半島に向かい、トランプ大統領が繰り返すパフォーマンスも相まって、東アジアは一触即発の事態とも言えます。日本は東アジアの一員として賢明な対応を期待されます。
    2017年5月10日