『来年度』にヒットした番組数 2210件

ニュース・気象情報 ▽新型コロナ最新情報▽暮らしへの影響続く【字】

2020/05/26 10:00
来年度中には臨床試験を 始めたいとしています。 開発にあたり 来年度中にはヒトに投与して

相棒14 #5【解】【字】【再】

2020/05/25 15:43
情実発注で 来年度の予算を あてがう事にしていた。 「2045」水谷豊、反町隆史ほか▽法務省エリート官僚が毒物死を遂げ、警視庁に試験導入されていた犯罪捜査用の人工知能も捜査をサポートすることに。興味津々の右…

ニュース【字】

2020/05/23 15:00
打ち上げが1年延期されて 再来年度に行われることに H2Aロケットで 来年度に打ち上げられる SLIMの打ち上げも1年延期 して再来年度に行うことになった

まるっと!サタデー【字】【手】 新型コロナ 来週月曜日に東京の…

2020/05/23 05:30
政府が来年度からの導入を検討している 来年度の対象となるのは、3月に幼稚園や保育園を リモートワークで飲み会強要「リモハラ」とは?◆リモートであっという間にメイク◆NEXTイケメンNO1神尾楓珠「女性を大切にという…

サラメシ シーズン10(5)【解】【字】【再】

2020/05/21 12:20
来年度の会社説明会を実施 社長のカンナがけが入社式名物となっている住宅会社では緊急事態宣言を受け入社式の計画を大幅に変更することに。その日のランチをのぞき見!▽遠藤賢司が愛したタイカレー

Nスタ【字】

2020/05/20 15:49
来年度の0年生の対象となります。 8都道府県あす判断へ 東京は緊急事態継続か 飲食店は「もう限界」▽10万円もらった人も オンライン申請で混乱 入力ミス続出で悲鳴!▽夏の甲子園も中止?ほか

ニュース【字】

2020/05/19 12:00
来年度、 令和3年度予算案の編成で 来年度の予算に必要な経費を ただ来年度予算案は例年どおり 年末の閣議決定を目指して 【キャスター】三條雅幸

とくダネ!【そっくり…自治体偽サイト続出▽“不急”で手術延期医療い…

2020/05/19 08:00
簡単に言うとそういうことです。2021年度、来年度ですが 「そっくり」…自治体の“偽サイト”が続出「史上最大規模」給付金が目的?政府も警告▽“不急”で手術延期…医療現場いつ通常に▽今月中にも導入か…コロナ対策アプ…

イット!【東京など追加解除は?次の判断まであと3日…週明けも続く…

2020/05/18 15:50
この場合、来年度に限っては 次の年の 東京など追加解除は?次の判断まで「あと3日」感染者どこまで減少?▽校舎に響く子供の声“緊急事態後”の日常▽コロナ不況に現実味…外出自粛が景気直撃?

ニュース【字】

2020/05/15 12:00
来年度以降で遅れを取り戻すことを特例で認める考えを示しました。 来年度以降の複数年度にわたる 授業で遅れを取り戻すことを 【キャスター】三條雅幸

ハートネットTV「心を拓(ひら)く 生物教室」【解】【字】【再】

2020/05/13 13:05
この日は 来年度の文化祭実行委員を決めます。 視覚障害のある中学生が触覚をフル活用、動物の骨を触りつくすことでその暮らしぶりまで突き止める。モノに対する深い考察は、やがて他者を理解する力へとつながっていく。

ニュース【字】

2020/05/13 12:00
日本原燃は 来年度上期には工事を終え2年後 【キャスター】三條雅幸

大下容子ワイド!スクランブル【字】

2020/05/13 10:25
減額した場合は 来年度の建物などの固定資産税を コロナ…全国知事会が緊急提言①県境またぐ移動は?②34県で「緊急事態宣言」一斉解除?賛否…海外ではクラスター再発も▽マスクが急増なぜ▽検察庁法審議の行方はほか

Nスタ【字】

2020/05/11 15:49
また、仮に来年度の小学校入学を9月に変更すれば 全国の感染者減少でも限界?週末の人出増加 街の緩みどこまで進む▽PCR検査の目安で 大臣「誤解」発言波紋▽実践!新・生活様式 コロナと共生する日常ほか

ウワサの保護者会「AI時代 何を勉強すれば?」【字】【再】

2020/05/09 12:30
AIの発達で、将来、人間の仕事はどう変わっていくのか?最新のAIの仕組みや「自動化されやすい仕事・されにくい仕事」を分析した結果を紹介する。スタジオではホゴシャーズたちが、子どもに何を勉強させた方がいい…

スーパーJチャンネル【デ】【字】

2020/05/01 16:40
来年度以降は 設定しない方針です。 緊急事態宣言は延長へ…専門家会議の見解は?▽がんばろう週間です「母の日」新たな動き▽ごみの山が道路脇に…ゲリラ不法投棄の実態〜執念の追跡で男を逮捕ほか

<木曜劇場>グッド・ドクター【身元不明少女を湊が担当!悲しい秘…

2020/04/30 22:00
せめて 来年度まで継続をお願いします。 「身元不明の少女を湊が初担当!?少女が隠した悲しい秘密とは」山﨑賢人 上野樹里 藤木直人 戸次重幸 板尾創路 柄本明

大下容子ワイド!スクランブル【字】

2020/04/30 10:25
もしくは来年度の 春分ということにして 急展開“9月入学案”判断は…社会構造はどう変わる▽緊急事態宣言延長⁉解除のカギは検査数か…受け入れ態勢大丈夫?▽13人に1人が退学検討…困窮大学生を救うには

羽鳥慎一モーニングショー【字】

2020/04/29 08:00
来年度の入試を どうするかということの 東京112人感染者再び増加…GW中“都道封鎖”も①自粛要請パチンコ店“営業強行”②10万円受け取り準備で窓口殺到③人気ラーメン店テイクアウト行列④「9月入学」急浮上

大下容子ワイド!スクランブル【字】

2020/04/13 10:25
来年度の固定資産税を 全額免除します。 コロナで休業要請後…初の週末①膨大行動データ解析…市民生活に意外変化?②小池都知事が給付明言…協力金の効果▽「攻防史」感染症vs人類…英知を結集‼池上彰が生解説
  • 2020年4月のトレンドワード
    「新型コロナウイルス」の「感染拡大」により遂に「緊急事態宣言」が発令されました。海外の報道と比べ、日本では感染者数・死者数ともに欧米よりはるかに抑えられているようですが、日本全国が日々緊張感に包まれています。さらに自粛延長されることで、経済に甚大な損害がもたらされ、我々は長期化する可能性の高いストレスにさらされることとなります。いかに国民の生命・健康と経済活動のバランスをとり、国家の被害をより少なくなるように抑えられるか、ここに至り、中央の政治家でなく、各「自治体」のリーダー達への期待が高まっています。しかし、政治・行政に頼るだけでなく、我々国民一人一人の自覚が何より大切であり、この自粛期間を通じてそれぞれが個と集団について考える機会になれば、と願います。
    2020年5月1日
  • 2020年3月のトレンドワード
    「新型コロナウイルス」とその関連ワードがテレビどころか我々の日常を占拠してしまいました。どこもかしこもコロナの話題で充満しています。当サイトのグラフでの小池都知事のテーマカラー「緑」、トランプ大統領のカラー「薄水色」および中国に偏向し世界の憎まれ役となりそうなWHOは、中国のテーマカラー「灰色」と、グラフの色に多少のメリハリをつけましたが、実質はコロナカラー一色です。地上波はどの局も同じ内容の報道ばかりなので他国、特に東アジア諸国の状況を知る術があまりないので大変気になるところです。
    2020年4月1日
  • 2020年2月のトレンドワード
    昨年12月から話題となった「新型コロナウイルス」は日本のテレビを席巻しました。ニュース番組もワイドショーもコロナ関連ワードのみで成り立っているといっても過言ではありません。一つのテーマがここまで取り上げられるのは極めて異例です。2月は停泊していた「ダイヤモンドプリンセス」など国内への影響の話題がほとんどでしたが、コロナが世界各国に拡大したことを受け、3月は世界情勢の観点からも話題を独占するでしょう。「新型コロナウイルス」により緊張関係にあったアメリカとイランも戦争回避は当然で、米中も日韓も貿易摩擦どころではありません。一時的なものだとしてもそれは救いとなりますし、また、衛生管理というものを世界中が考える機会ともなるでしょう。
    2020年3月1日
  • 2020年1月のトレンドワード
    2020年1月前半は、1月3日「トランプ大統領」の指示でアメリカ軍が「イラン」の英雄である司令官を空爆で殺害したことで、急激に一触即発の様相を呈した「中東情勢」に関するニュースが大きく取り上げられました。「イラン」によるウクライナ旅客機の誤った「撃墜」まで引き起こし、一時は戦争になるかとさえ言われましたが、とりあえず落ち着いたようです。それと交代するように「新型コロナウイルス」問題が沸き起こり、2月になっても報道の大半を占めています。「発熱」「肺炎」「春節」「SARS」「厚生労働省」「WHO」という関連ワードが上位に上がり、今後も勢いを増しそうです。一方、先月の予想通り「ゴーン被告」は「新型コロナウイルス」とほぼ同数の露出でしたが、「新型コロナウイルス」に押されて2月には失速しそうです。
    2020年2月2日
  • 2019年12月のトレンドワード
    令和元年の最後の月、ニュースを騒がせたワードは「年末年始」「おおみそか」「初雪」といった季節関係が上位を占めました。日本では比較的平穏な年末だったということでしょうか。カジノを含むIR事業を巡る汚職事件についての報道や、いよいよ迫って来た感の強い「オリンピック」も上がっています。元「農林水産省」事務次官の公判、アフガニスタンで武装勢力に殺害された「中村哲」医師など、心の痛む出来事も続きました。12月の最終週に限定して集計するとカルロス・ゴーン氏の国外逃亡関連が上位を占めますので、1月のトレンドワードではゴーン氏の躍進?が予想されます。
    2020年1月6日