『暴行』にヒットした番組数 7164件

奇跡体験!アンビリバボー誰ひとり信じてくれない!現代日本で本当…

2020/04/02 19:57
罪になるようなことをした覚えのない男性は無実を訴えたが“犯人に似ている”というだけでまったく取り合ってもらえず。2回目の取り調べでようやく暴行事件の容疑者となっていることを知らされた。もちろん男性はやって…

スーパーJチャンネル【デ】【字】

2020/04/01 16:40
激しくせき込んだため 暴行の疑いなどで “爆発的感染”を防げ、都内さらに最多を更新…首都圏厳戒態勢の行方▽入社式も今年は異例▽身長2m外国人亭主…温泉宿が最大ピンチ‼落胆…地元祭りも中止ほか

Nスタ【字】

2020/04/01 15:49
死亡に至るまでの暴行の多くは否定していました。 東京また感染最多更新 コロナ緊急事態宣言は▽苦境…これでは店が▽コロナ警戒の新年度 入社式は?値上げは?▽レトルト食品が人気 外食自粛の味を家庭で ほか

スーパーJチャンネル【デ】【字】

2020/03/31 16:40
取り調べに対し 暴行の事実はないという趣旨の 新たなクラスターが?首都圏の厳戒態勢続く…外出自粛で飲食店危機“持ち帰り”で打開策▽驚きの激安で再生‼新型コロナに負けない…奮闘!在庫買い取り人ほか

大下容子ワイド!スクランブル【字】

2020/03/31 10:25
取り調べに対して 暴行の事実はないという趣旨の コロナ闘病も…志村けんさん病状急激に悪化なぜ▽医療の現場で次々感染…地域医療広がる不安▽国境封鎖〜悲痛な叫び…帰国できない日本人▽五輪開会式の日程判明ほか

昔話法廷「“ブレーメンの音楽隊”裁判」【字】

2020/03/31 09:40
「昔話の登場人物が訴えられたら?」という設定のもと、丁々発止のやり取りを描く法廷ドラマシリーズ。今回は「ブレーメンの音楽隊」。年老いて働けなくなり、主人から始末されそうになったロバは、音楽隊に入るべくブ…

昔話法廷「“カチカチ山”裁判」【字】

2020/03/30 09:40
昔話の登場人物を裁判にかける法廷ドラマ!今回は「カチカチ山」。タヌキに暴行を加えたウサギは実刑か?それとも、情状酌量で執行猶予か?出演:安藤玉恵 モロ師岡ほか 昔話の登場人物を裁判にかける法廷ドラマ!今回…

NHKニュース おはよう日本【字】

2020/03/30 07:00
現行法では暴行や脅迫があったと認定されなければ犯罪として認め ▼新型コロナウイルス・週末の外出自粛で東京は▼世界各地で続く感染拡大

ニュース【字】

2020/03/27 12:00
刃物を突きつけて脅し性的な 暴行をしたとして30歳の男が 近くの公園で性的な暴行をした 【キャスター】三條雅幸

午後エンタ 午後ロード「フライト・ゲーム」特選!エアパニックア…

2020/03/26 13:35
暴行の形跡はない。 高度1万メートルを飛ぶロンドン行きの旅客機に突然届いた脅迫メール。時刻通りに次々と原因不明の死を遂げていく…。“姿なき犯人”の恐るべき真の目的とは…。

首都圏ネットワーク【字】

2020/03/23 18:10
埼玉県草加市で 4歳の長男に暴行を加え重いけが ▽新型コロナ最新情報 新学期に向けて学校は 【キャスター】田所拓也,中山果奈,【気象キャスター】船木正人

スーパーJチャンネル【デ】【字】

2020/03/23 16:50
長男に暴行を加えたとして 腹を立て暴行を加えた ということです。 感染状況「3地域」に…我が家は?戸惑う声が 再開か自粛か苦悩続く…食べ放題は徹底対策で▽空き缶が減り悲鳴…花見宴会の自粛が直撃…上野ホームレス高齢…

news every.【字】揺れる東京五輪開催…首相も“延期容認”…

2020/03/23 15:50
じ込ませ、性的暴行を加えた疑いが持たれています。 4歳長男に母親が暴行。 頭を壁にぶつけるなどの暴行を加え、 東京は自粛延長へ…イベント“再開”判断は▼3連休“桜満開”都内名所の花見客に異変▼“コロナに負けない”飲…

NNN ストレイトニュース【字】

2020/03/23 11:30
頭を壁にぶつけるなどの暴行を加え大怪我をさせた疑いが持たれて 最新のニュースをストレートに! 必要とされる情報を、コンパクトにまとめてお伝えします。

ひるおび!【字】 新型コロナ感染30万人超 欧米で相次ぐ“外出禁止…

2020/03/23 10:25
性的暴行を加えたとして 性的暴行を加えた疑いが持たれている。 性的暴行を加えてしまったと容疑を認めているとのこと。 男性従業員に言いがかりをつけ暴行を加えたとして 国・県の“要請”に限界も…自粛要請の中、K-1は…

スッキリ【字】【デ】「東京五輪参加しない」欧米で声明続々…延期ど…

2020/03/23 08:00
枕営業をしなくてはいけないなどと言って性的暴行を加えたとして、 どと言って信じ込ませ、性的暴行を加えた疑いが持たれています。 来年延期なら…どう影響?▽イベント再開を決断…主催者たちの“苦悩”▽主催者たちの“苦悩…

サンデーステーション【字】

2020/03/22 16:30
暴行を加え、重傷を負わせた 疑いが持たれています。 今年1月に 暴行容疑で逮捕されていました。 拡大一途 各国が“封鎖”強化へ▽自粛解除…判断は誰 再開断念も揺れる人々▽満開目前…花見異変

NEWS23 学校の再開はいつ? 専門家会議の結論は  小川彩…

2020/03/19 23:00
心愛さんへの暴行について一貫して否認。 その上で、父親の暴行について、 新型コロナめぐり米中が非難の応酬▼現金給付?商品券?減税?最も効果的な経済対策は▼虐待死・父親に判決▼森友問題・手記公表にも「再調査の考…

news zero【字】 異例の要請「大阪・兵庫の往来自粛を」ナ…

2020/03/19 23:00
娘の心愛さんに 暴行を加え、死亡させたとして 注目速報…「自粛」効果で感染は?専門家会議が「見解」▽回復女性が語った入院生活▽深刻「マスク」不足…飛沫が直撃の医療現場で▽IOC方針に選手が反発の理由

ニュースウオッチ9▽新型コロナ専門家会議座長が会見 どうなるこれ…

2020/03/19 21:00
かけたが、1回当たり長くて3秒くらいだなどと、暴行の大部分、 ▽大規模イベント自粛・休校の効果分析結果は▽大阪府知事が兵庫県との往来自粛呼びかけ▽株価きょうも大荒れ▽経済影響拡大で“派遣切り”も▽感染者急増の欧…
  • 2020年2月のトレンドワード
    昨年12月から話題となった「新型コロナウイルス」は日本のテレビを席巻しました。ニュース番組もワイドショーもコロナ関連ワードのみで成り立っているといっても過言ではありません。一つのテーマがここまで取り上げられるのは極めて異例です。2月は停泊していた「ダイヤモンドプリンセス」など国内への影響の話題がほとんどでしたが、コロナが世界各国に拡大したことを受け、3月は世界情勢の観点からも話題を独占するでしょう。「新型コロナウイルス」により緊張関係にあったアメリカとイランも戦争回避は当然で、米中も日韓も貿易摩擦どころではありません。一時的なものだとしてもそれは救いとなりますし、また、衛生管理というものを世界中が考える機会ともなるでしょう。
    2020年3月1日
  • 2020年1月のトレンドワード
    2020年1月前半は、1月3日「トランプ大統領」の指示でアメリカ軍が「イラン」の英雄である司令官を空爆で殺害したことで、急激に一触即発の様相を呈した「中東情勢」に関するニュースが大きく取り上げられました。「イラン」によるウクライナ旅客機の誤った「撃墜」まで引き起こし、一時は戦争になるかとさえ言われましたが、とりあえず落ち着いたようです。それと交代するように「新型コロナウイルス」問題が沸き起こり、2月になっても報道の大半を占めています。「発熱」「肺炎」「春節」「SARS」「厚生労働省」「WHO」という関連ワードが上位に上がり、今後も勢いを増しそうです。一方、先月の予想通り「ゴーン被告」は「新型コロナウイルス」とほぼ同数の露出でしたが、「新型コロナウイルス」に押されて2月には失速しそうです。
    2020年2月2日
  • 2019年12月のトレンドワード
    令和元年の最後の月、ニュースを騒がせたワードは「年末年始」「おおみそか」「初雪」といった季節関係が上位を占めました。日本では比較的平穏な年末だったということでしょうか。カジノを含むIR事業を巡る汚職事件についての報道や、いよいよ迫って来た感の強い「オリンピック」も上がっています。元「農林水産省」事務次官の公判、アフガニスタンで武装勢力に殺害された「中村哲」医師など、心の痛む出来事も続きました。12月の最終週に限定して集計するとカルロス・ゴーン氏の国外逃亡関連が上位を占めますので、1月のトレンドワードではゴーン氏の躍進?が予想されます。
    2020年1月6日
  • 2019年11月のトレンドワード
    天皇陛下の即位後最初の行事であり、皇位継承に伴う一代一度の行事でもある、大嘗祭関連の報道が集中したことにより、「天皇陛下」がトップを飾ります。皇室絡みのニュースは日本人ならではのものでしょう。被災地の傷が癒えない「台風19号」も頻出です。また、女優の「沢尻エリカ」が「違法薬物」所持で逮捕されたニュースも日々テレビを賑わせました。海外のワードでは、「GSOMIA」「韓国」「北朝鮮」は根強い人気(?)です。日本人としては些かウンザリしていますが…。「デモ」「抗議活動」は、「中国」の支配に抵抗する香港についての報道によるものが大半を占めていると思われます。日本は、昏迷状態にある東アジアの一国として、その役割を再確認する必要があると考えます。
    2019年12月2日
  • 2019年10月のトレンドワード
    過去最強クラスの「台風19号」は、先月の「台風15号」を超えて東日本全域に甚大な被害をもたらしました。その後も記録的「大雨」が「被災地」に追い打ちをかけ、テレビは連日それらの状況を報道しました。流行語大賞の候補に「命を守る行動を」がノミネートされていますが、我々は被災された方々を思い遣る一方、我々一人一人の問題としても天災と向き合う必要があります。また、令和天皇の「即位礼正殿の儀」は台風被害を考慮してパレードを延期することになったものの、海外の元首や王族をはじめとする要人が招かれ、古式に則って執り行われた儀式は海外メディアからも高い関心を集めました。一方、「関西電力」の金品受領問題や、降って湧いたような「東京オリンピック」のマラソン・競歩の札幌開催問題も話題となりました。
    2019年10月31日