『モーツァルト』にヒットした番組数 624件

もふもふモフモフ 超絶アイドル編「松下洸平猫パン16発!大西流…

2020/05/23 15:30
松下洸平がもふもふをイラストに。おつり運ぶ看板ワンコに顔をスリスリ。看板ニャンコに猫パンチ16発くらう▼大西流星が別府温泉でほっこり探し。旅館の看板ニャンコの耳をモミモミ。別のニャンコにお腹ふみふみされて…

名曲アルバム「オーボエ四重奏曲」モーツァルト作曲

2020/05/18 10:50
「オーボエ四重奏曲」(オーボエ)古部賢一,(バイオリン)矢部達哉,(ビオラ)赤坂智子,(チェロ)山本裕康

直撃LIVE グッディ!【激安“ナゾノマスク”追跡▽吉村大阪府知事…

2020/05/12 13:45
モーツァルト、ザビエル 西郷隆盛。 モーツァルトさんの絵は 音楽室などに ただ、バーバラ・クラフトさんはモーツァルトに会ったことは 「安いよ安いよ!」街で山積み、たたき売り“ナゾノマスク”を追跡▽解除まで秒読み…

【連続テレビ小説】エール(32)「夢の新婚生活」【解】【字】【…

2020/05/12 12:45
「ドン・ジョヴァンニ」は モーツァルトの歌劇中 レコード会社の専属作曲家になったものの、そんなにすぐにレコードが出せるはずもなく、裕一(窪田正孝)の前途は多難。一方の音(二階堂ふみ)にも強力なライバルが出…

【連続テレビ小説】エール(32)「夢の新婚生活」【解】【字】

2020/05/12 08:00
「ドン・ジョヴァンニ」は モーツァルトの歌劇中 レコード会社の専属作曲家になったものの、そんなにすぐにレコードが出せるはずもなく、裕一(窪田正孝)の前途は多難。一方の音(二階堂ふみ)にも強力なライバルが出…

アタック25 45周年名勝負選・芸能人大会【字】

2020/04/26 13:25
音楽家・モーツァルト 生誕の地としても知られる 45周年を迎えた『アタック25』!2000回を超える過去の放送の中から名勝負をお届けします!今回は、“頭脳派”芸能人大会!

ごごナマ「アンコール 綾戸智恵」【字】

2020/04/20 13:20
ピアノ習いに行ったときに 先生が、モーツァルトの ジャズシンガーの綾戸智恵さん。若き日のアメリカで出会ったゴスペル。震災復興への思いを込めてスタジオライブで大熱演!※アンコール放送

【連続テレビ小説】エール「第3週」【字】【再】

2020/04/18 12:45
君 モーツァルトのつもり? ハッ! 連続テレビ小説「エール」の今週一週間を、朝ドラ大好き、自称「朝ドラおじさん」のバナナマン日村勇紀がナビゲート。平日見た人も、初めて見る人も楽しめるよう解説する。

【連続テレビ小説】エール「第3週」【字】

2020/04/18 08:00
君 モーツァルトのつもり? ハッ! 連続テレビ小説「エール」の今週一週間を、朝ドラ大好き、自称「朝ドラおじさん」のバナナマン日村勇紀がナビゲート。平日見た人も、初めて見る人も楽しめるよう解説する。

ファンファンキティ!【字】

2020/04/13 17:55
知ってる。 モーツァルトを聴かせると おいしく育つのよね。 「いつかみんなでお花見をしたいな!」キティたちが願いをこめて育ててきたお花が、ついに咲く!?人気キャラクターが贈る楽しいダンスバラエティ番組!

【連続テレビ小説】エール(11)「いばらの道」【解】【字】【再】

2020/04/13 12:45
ハハッ 君 モーツァルトのつもり? 商業学校で留年している裕一(窪田正孝)は、音楽に夢中で勉強はそっちのけ。ハーモニカ倶楽部に所属して、オリジナル曲を作曲する。ハーモニカアンサンブルの演奏に注目!

【連続テレビ小説】エール(11)「いばらの道」【解】【字】

2020/04/13 08:00
ハハッ 君 モーツァルトのつもり? 商業学校で留年している裕一(窪田正孝)は、音楽に夢中で勉強はそっちのけ。ハーモニカ倶楽部に所属して、オリジナル曲を作曲する。ハーモニカアンサンブルの演奏に注目!

ごごナマ「美輪明宏」【字】

2020/04/06 13:00
モーツァルトだとか きれいな、気分のいい曲を モーツァルトなんかが よくやったように ゲストは美輪明宏さん。84歳になった今も歌手に俳優に演出家にと、精力的に活動を続ける美輪さんの原動力、そして伝えたいこと…

映画「四月は君の嘘」【広瀬すず×山﨑賢人ほか豪華キャスト出演の感…

2020/03/14 15:00
8歳でオーケストラとモーツァルトの協奏曲を共演した神童。 モーツァルト?\nうん。 決めた。 モーツァルトが空から言ってるよ。 優しい嘘に隠された、切ない真実を知った時、誰もがきっと涙する…。一つの嘘が奇跡を起…

題名のない音楽会

2020/03/14 10:00
「有名作曲家のひねりすぎた楽曲を楽しむ休日」…ハイドンやモーツァルトといった有名作曲家たちが作曲した、音楽史上からひねりすぎた楽曲をプレゼンします。 M1 モーツァルト作曲「音楽のサイコロ遊び」M2 ハイ…

にじいろジーン【柳沢慎吾とみなとみらい散策▽ウィーン豪華成人式▽…

2020/03/07 08:30
モーツァルトやシューベルトも オーストリア出身。 モーツァルトが 演奏したと言われている 柳沢慎吾と横浜みなとみらいへ!セグウェイ&新鮮イカ刺しを堪能▼オーストリアのウィーン少年合唱団で活躍する日本人!▼キッ…

クラシック音楽館 N響第1926回定期公演【SS】

2020/03/01 21:00
N響第1926回定期公演▽桂冠名誉指揮者ヘルベルト・ブロムシュテットによるオール・モーツァルト・プログラム▽前半は交響曲第36番「リンツ」▽後半はミサ曲ハ短調 多くのファンを魅了する92歳の巨匠ヘルベルト・…

みいつけた!さん【字】

2020/03/01 07:10
じゃあ 「モーツァルト!」という ミュージカルの きょくを うたいます。 いまの うたは モーツァルトっていう やくの きもちになって 「みいつけた!」の仲間たちが日曜日にも登場。ゲストのイスとのトークに、…

ららら♪クラシック「“キャッツ”〜ロイド・ウェバーの音楽の魅力〜」…

2020/02/22 14:00
幼い頃から モーツァルト ベートーベン プッチーニなどの音楽に親しみ 大人気ミュージカル「キャッツ」の音楽の魅力を徹底解剖(1)心躍る音楽のオンパレード(2)ロイド・ウェバーとクラシック(3)「キャッツ」…

ららら♪クラシック「チェコ ふるさとの響き〜“モルダウ”と“スラブ…

2020/02/20 10:25
モーツァルトやベートーベンなど ドイツ語圏のものばかり。 2020年は日チェコ交流100周年。スメタナとドボルザークの名曲を紹介。第2の国歌「モルダウ」と、続編に8年かかった「スラブ舞曲」
  • 2020年4月のトレンドワード
    「新型コロナウイルス」の「感染拡大」により遂に「緊急事態宣言」が発令されました。海外の報道と比べ、日本では感染者数・死者数ともに欧米よりはるかに抑えられているようですが、日本全国が日々緊張感に包まれています。さらに自粛延長されることで、経済に甚大な損害がもたらされ、我々は長期化する可能性の高いストレスにさらされることとなります。いかに国民の生命・健康と経済活動のバランスをとり、国家の被害をより少なくなるように抑えられるか、ここに至り、中央の政治家でなく、各「自治体」のリーダー達への期待が高まっています。しかし、政治・行政に頼るだけでなく、我々国民一人一人の自覚が何より大切であり、この自粛期間を通じてそれぞれが個と集団について考える機会になれば、と願います。
    2020年5月1日
  • 2020年3月のトレンドワード
    「新型コロナウイルス」とその関連ワードがテレビどころか我々の日常を占拠してしまいました。どこもかしこもコロナの話題で充満しています。当サイトのグラフでの小池都知事のテーマカラー「緑」、トランプ大統領のカラー「薄水色」および中国に偏向し世界の憎まれ役となりそうなWHOは、中国のテーマカラー「灰色」と、グラフの色に多少のメリハリをつけましたが、実質はコロナカラー一色です。地上波はどの局も同じ内容の報道ばかりなので他国、特に東アジア諸国の状況を知る術があまりないので大変気になるところです。
    2020年4月1日
  • 2020年2月のトレンドワード
    昨年12月から話題となった「新型コロナウイルス」は日本のテレビを席巻しました。ニュース番組もワイドショーもコロナ関連ワードのみで成り立っているといっても過言ではありません。一つのテーマがここまで取り上げられるのは極めて異例です。2月は停泊していた「ダイヤモンドプリンセス」など国内への影響の話題がほとんどでしたが、コロナが世界各国に拡大したことを受け、3月は世界情勢の観点からも話題を独占するでしょう。「新型コロナウイルス」により緊張関係にあったアメリカとイランも戦争回避は当然で、米中も日韓も貿易摩擦どころではありません。一時的なものだとしてもそれは救いとなりますし、また、衛生管理というものを世界中が考える機会ともなるでしょう。
    2020年3月1日
  • 2020年1月のトレンドワード
    2020年1月前半は、1月3日「トランプ大統領」の指示でアメリカ軍が「イラン」の英雄である司令官を空爆で殺害したことで、急激に一触即発の様相を呈した「中東情勢」に関するニュースが大きく取り上げられました。「イラン」によるウクライナ旅客機の誤った「撃墜」まで引き起こし、一時は戦争になるかとさえ言われましたが、とりあえず落ち着いたようです。それと交代するように「新型コロナウイルス」問題が沸き起こり、2月になっても報道の大半を占めています。「発熱」「肺炎」「春節」「SARS」「厚生労働省」「WHO」という関連ワードが上位に上がり、今後も勢いを増しそうです。一方、先月の予想通り「ゴーン被告」は「新型コロナウイルス」とほぼ同数の露出でしたが、「新型コロナウイルス」に押されて2月には失速しそうです。
    2020年2月2日
  • 2019年12月のトレンドワード
    令和元年の最後の月、ニュースを騒がせたワードは「年末年始」「おおみそか」「初雪」といった季節関係が上位を占めました。日本では比較的平穏な年末だったということでしょうか。カジノを含むIR事業を巡る汚職事件についての報道や、いよいよ迫って来た感の強い「オリンピック」も上がっています。元「農林水産省」事務次官の公判、アフガニスタンで武装勢力に殺害された「中村哲」医師など、心の痛む出来事も続きました。12月の最終週に限定して集計するとカルロス・ゴーン氏の国外逃亡関連が上位を占めますので、1月のトレンドワードではゴーン氏の躍進?が予想されます。
    2020年1月6日