『ぐか』にヒットした番組数 10件

ぐるっと にっぽん 北の大地コンサート2017〜夏だ!十勝だ!…

2017/09/02 15:05
あっ こうせつさん ここに 南こうせつと え〜 やぐか姫? 十勝から“フォーク”、“復興”をテーマにお届けする地域密着型コンサート番組。南こうせつが千春を、吉幾三が拓郎を渾(こん)身カバー!加藤登紀子が十勝の…

スーパーJチャンネル【デ】【字】

2017/08/25 16:50
どうしのぐかが 国家の運命を左右するとの考えに 猛烈暑さピーク雷雨も▼北朝鮮記念日に何が▼人気上昇秘境グルメ!山頂で限定絶品かき氷▼都会の買い物弱者…3大障害に“坂・段・橋”昭和の団地に原因が?ほか

連続テレビ小説 ひよっこ(92)「アイアイ傘とノック」【解】【…

2017/07/18 12:45
・(太郎)おう よし 行ぐか。 ・(時子)私も駅まで一緒だから。 佐賀に帰省している島谷(竹内涼真)の帰りを心待ちにするみね子(有村架純)。三男(泉澤祐希)が太郎(尾上寛之)と豊作(渋谷謙人)を連れてすず…

連続テレビ小説 ひよっこ(92)「アイアイ傘とノック」【解】【…

2017/07/18 08:00
・(太郎)おう よし 行ぐか。 ・(時子)私も駅まで一緒だから。 佐賀に帰省している島谷(竹内涼真)の帰りを心待ちにするみね子(有村架純)。三男(泉澤祐希)が太郎(尾上寛之)と豊作(渋谷謙人)を連れてすず…

連続テレビ小説 ひよっこ(38)「椰子(やし)の実たちの夢」【…

2017/05/16 12:45
(豊子) バナナが 泣ぐか どっちかにしろ。 澄子(松本穂香)は福島の祖母が恋しくなってしまい、仕事で何度も失敗する。叱られた澄子をみね子(有村架純)たちが心配していると、突然、乙女寮から姿を消してしまう。

連続テレビ小説 ひよっこ(38)「椰子(やし)の実たちの夢」【…

2017/05/16 08:00
(豊子) バナナが 泣ぐか どっちかにしろ。 澄子(松本穂香)は福島の祖母が恋しくなってしまい、仕事で何度も失敗する。叱られた澄子をみね子(有村架純)たちが心配していると、突然、乙女寮から姿を消してしまう。

NEWS23 トリプル台風被害甚大、10号迷走で引き続き警戒【…

2016/08/23 23:00
ぐかのように熱くなってきたかのが 相次ぐ浸水、大雨で地盤ゆるく…土砂災害にも注意▽リオ五輪選手たちを支えたモノとは?▽雨宮塔子 駒田健吾 皆川玲奈 宇内梨沙

リオ五輪2016卓球 男子シングルス準々決勝【字】【SS】【デ】

2016/08/10 03:55
どうしのぐか その中で (延長の場合あり)史上初のメダル獲得に向け水谷と丹羽が挑む卓球男子シングルス!表彰台を狙う男たちの準々決勝!勝ち上がるのは誰だ!?

シャキーン!【字】【デ】

2016/04/08 07:00
(トキオ)ああ タイヤのゆうぐか。 たしかに 心と体が“シャキーン!”と目覚めるクイズやアニメが盛りだくさん。スーパージュモクさんと一緒に新しい一日を元気に始めよう!

シャキーン!【字】【デ】

2016/04/06 07:00
(トキオ)ああ タイヤのゆうぐか。 たしかに 心と体が“シャキーン!”と目覚めるクイズやアニメが盛りだくさん。ジュモクさん、ネコッパチ、めいちゃん、モモエと一緒に新しい一日を元気に始めよう!
  • 7月の番組出演回数ランキング
    梅雨明けの時季であり、かつ、異常な豪雨や雹による災害が相次いだことを受け、気象予報士の出演回数が伸びました。特にめざましテレビアクアとめざまし土曜日のお天気担当、篠原梨菜が目立ちます。昨年のミス東大で、現役東大生でもある彼女に期待大です。俳優の中で、今回注目するのは、NHK「ひよっこ」とNTVの夏ドラマに出演中の竹内涼真。仮面ライダー俳優を務めた後着々と実績を積んで来ました。これから主役級俳優に成長するのでしょうか。一方、22年前ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリに輝いた清純派女優・佐藤仁美がイメージチェンジ、バラエティー番組やドラマで再ブレイクしています。「ひよっこ」でもヒロイン有村架純に敵対する、ちょっと意地悪な先輩を好演、バイプレイヤーとして再び売れっ子に。
    2017年8月3日
  • 6月の番組出演回数ランキング
    ヒロイン有村架純をはじめNHK連続テレビ小説「ひよっこ」出演者が上位を占める中、NHKで共演中の船越英一郎と美保純が、松居一代騒動の影響もあってか揃って上位にランクイン。「ひよっこ」関係では、演者でないもののナレーションを担当する元マラソン選手の増田明美や、歌手、ドラマーながら女優としても注目のシシド・カフカの健闘が目立ちます。
    2017年7月24日
  • 5月のまとめ
    トランプ大統領、 アメリカ軍と北朝鮮の攻防、ムン・ジェイン(文在寅)大統領就任など、日本近隣の不穏な空気は変わらず、ICBMやサイバー攻撃など物騒なワードが日常化しました。一方で大相撲五月場所における横綱・稀勢の里や大関・高安の話題、眞子さまのご婚約は明るいニュースでした。
    2017年6月24日
  • 4月のまとめ
    常に物騒な隣人である北朝鮮が、その危険度を増しています。キム・ジョンナム(金正男)暗殺事件をきっかけに、国際的に危険な国家という認識が高まり、原子力空母カール・ビンソンが朝鮮半島に向かい、トランプ大統領が繰り返すパフォーマンスも相まって、東アジアは一触即発の事態とも言えます。日本は東アジアの一員として賢明な対応を期待されます。
    2017年5月10日
  • 3月のまとめ
    前半はキム・ジョンナム(金正男)暗殺事件報道が多かったものの、以降は森友学園を巡る疑惑騒動に報道時間の多数を独占された印象です。もちろん、重大なニュースではありますが、ここまで繰り返し報道される価値があったか疑問です。東日本大震災から6年ということで、あらためて振り返る報道も目立ちました。WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)「侍ジャパン」や桜の開花についての報道など明るいものもあります。また、北朝鮮のICBM(大陸間弾道ミサイル)実験も注目のニュースでしたが、4月に入りまたしても弾道ミサイル発射を行ったことからさらに緊張を伴った注目を集めること必至です。
    2017年4月6日