2016年10月1日 ~ 2016年10月31日番組出演回数ランキング

名倉潤

出演回数:38回

菅野美穂

出演回数:35回

生瀬勝久

出演回数:35回

蓮佛美沙子

出演回数:35回

芳根京子

出演回数:35回

高良健吾

出演回数:34回

曽我廼家文童

出演回数:32回

百田夏菜子

出演回数:30回

谷村美月

出演回数:30回

土村芳

出演回数:30回

永山絢斗

出演回数:28回

本田博太郎

出演回数:28回

中村玉緒

出演回数:28回

市村正親

出演回数:28回

国分太一

出演回数:25回

山村紅葉

出演回数:25回

渡邉このみ

出演回数:24回

田中要次

出演回数:23回

カンニング竹山

出演回数:21回

平岡祐太

出演回数:21回

岡副麻希

出演回数:19回

土田晃之

出演回数:18回

ビビる大木

出演回数:17回

井戸田潤

出演回数:16回

島崎和歌子

出演回数:16回

東貴博

出演回数:15回

伊野尾慧

出演回数:15回

唐沢寿明

出演回数:15回

高橋茂雄

出演回数:15回

堀尾正明

出演回数:15回

高見侑里

出演回数:14回

設楽統

出演回数:14回

堀潤

出演回数:14回

加藤浩次

出演回数:14回

菊川怜

出演回数:13回

近藤春菜

出演回数:13回

田中みな実

出演回数:13回

小峠英二

出演回数:13回

ホラン千秋

出演回数:12回

横山ルリカ

出演回数:12回

本田翼

出演回数:12回

内田敦子

出演回数:12回

上田眞央

出演回数:12回

ジャングルポケット

出演回数:12回

黒田治

出演回数:12回

森田正光

出演回数:12回

高垣雄海

出演回数:12回

川島明

出演回数:12回

宮瀬茉祐子

出演回数:12回

木原実

出演回数:12回

元井美貴

出演回数:12回

藤原倫己

出演回数:12回

真矢ミキ

出演回数:12回

加藤多佳子

出演回数:12回

阿部華也子

出演回数:12回

斉田季実治

出演回数:12回

小倉智昭

出演回数:12回

星田英利

出演回数:12回

納富有沙

出演回数:12回

柿原徹也

出演回数:12回

天達武史

出演回数:12回

ヌワラ

出演回数:12回

曽田麻衣子

出演回数:12回

市川紗椰

出演回数:12回

村上幸司

出演回数:11回

田口成子

出演回数:11回

小野彩香

出演回数:11回

沢村一樹

出演回数:11回

宮田圭子

出演回数:11回

牧弘美

出演回数:11回

大平雅美

出演回数:11回

おぎやはぎ

出演回数:11回

薬丸裕英

出演回数:11回

高村保裕

出演回数:11回

笑福亭鶴瓶

出演回数:11回

藤井恵

出演回数:11回

佐倉綾音

出演回数:11回

草野満代

出演回数:11回

今田耕司

出演回数:11回

モーリー・ロバートソン

出演回数:11回

小林まさみ

出演回数:11回

伊藤弘美

出演回数:11回

高橋克実

出演回数:11回

坪内千恵子

出演回数:11回

小林恵子

出演回数:11回

料理研究家柳澤英子

出演回数:11回

石原洋子

出演回数:11回

くるみ

出演回数:11回

石原さとみ

出演回数:11回

窪田正孝

出演回数:11回

品川祐

出演回数:10回

岡本行夫

出演回数:10回

真矢みき

出演回数:10回

勝間和代

出演回数:10回

バカリズム

出演回数:10回

安藤優子

出演回数:10回

テリー伊藤

出演回数:10回

柴咲コウ

出演回数:10回

田村淳

出演回数:10回

武井壮

出演回数:10回
  • 2019年8月のトレンドワード
    引き続き韓国との軋轢がニュースを賑わせています。韓国が「GSOMIA」破棄を決定したことで「日韓関係」は悪化の一途、韓国では連日日本への「抗議活動」が盛り上がり、もはや韓国が何を主張しているのかわからない状態です。一方、トランプ大統領との会談もどこ吹く風の「北朝鮮」は「短距離弾道ミサイル」を打ち上げ続け、アメリカと「中国」の貿易摩擦も貿易戦争と称されるほどこじれています。国内では、常磐自動車道で起きた「あおり運転」の話題が上位に上がり、国民の交通安全への関心の高さがうかがわれます。
    2019年8月31日
  • 2019年7月のトレンドワード
    連続トップで独走していたトランプ大統領が「梅雨前線」に1位を譲りました。日本国内のニュースでは気象ネタは強力です。「参議院選挙」も回数を伸ばしましたが、話題となる期間が短かったので、政党や立候補者名などの関連ワードが上位となるほどではありませんでした。その他上位では、「WTO」など韓国への「輸出規制」関連ワードが多いです。芸能関連では「宮迫博之」「吉本興業」が連日話題となりましたが、一私企業の内部問題に過ぎない感が否めないので、正直もう少し報道回数を抑えるべきだった気がします。
    2019年7月31日
  • 2019年6月のトレンドワード
    6月といえば「梅雨」、令和最初の梅雨は少々ひねくれもので、沖縄、九州南部、東日本から東北南部まで梅雨入りした後、九州南部以外の西日本はなかなか梅雨入りせず、結局平年より20日前後も遅い梅雨入りとなりました。さらに、停滞する梅雨前線が活発化し、九州南部は豪雨に見舞われました。日照時間は極端に短く、7月半ばになっても梅雨明けの気配がありません。一方、6月28日から6月29日に大阪で開催された「G20」も話題に。また、「トランプ大統領」が「イラン」に対する大規模な追加制裁を科すと宣言したことも大きな注目を集めました。
    2019年6月30日
  • 2019年5月のトレンドワード
    令和になって最初の「国賓」として「トランプ大統領」が5月25~28日、日本に滞在したことが大きく報じられました。今回、安全保障では認識が一致したものの、北朝鮮問題や貿易問題では両国に温度差があった様子ですが、日本側の接待は日米関係に一定の効果をもたらしたようです。ゴルフや高級炉端焼きディナー、令和天皇との晩餐会と「雅子妃殿下」の存在感、「大相撲夏場所」千秋楽の観戦など、終始報道されました。一方、「北方領土」についての問題発言で一躍渦中の人となった衆議院の「丸山議員」も、トレンドワード入りです。5月は全国交通安全運動期間も実施されたのに、保育園児達が巻き込まれた大津の「衝突」事故を始め、「なぜ?」と耳を疑うような痛ましい交通事故が目立つ月でもありました。スポーツでは、「エンゼルス」大谷翔平選手の活躍が目立ちました。
    2019年5月31日
  • 2019年4月のトレンドワード
    2019年4月末日をもって「平成」は終わり、平成天皇の退位と新天皇の即位は、日本国民にとって最大級の関心事となりました。新たな元号「令和」は4月1日「菅官房長官」により発表され、「万葉集」からの命名であることも話題となりました。国内が「皇室」関連で盛り上がる一方、2分で終了したとかしないとか失敗に終わった様子の米韓「首脳会談」、先送りになっている米中「首脳会談」、そして貿易問題や北朝鮮問題について話し合った後、共にゴルフを楽しむ予定の「安倍総理大臣」の日米「首脳会談」と、相変わらず国際ニュースの中心は「トランプ大統領」でした。その裏では、得体の知れない感の濃い露朝「首脳会談」もあり、4月は日本に影響の大きい首脳会談のラッシュだったと言えます。史上初の10連休が終わり、令和元年を迎えた5月以降のトレンドワードが気になるところです。
    2019年4月30日